今、エンジニアに興味を持って転職や就職を考えてる方、将来への希望に心がおどる一方

「難しいんじゃないかな?ホントに自分にできるかな?」

とか

「そういう業種って転職するの厳しいんじゃないだろうか?」

って思って行動を起こせずしり込みしてませんか?

それ、非常にもったいないです。

今、IT業界は慢性的に人手不足なので採用率は年々上がってきています

さらに2020年にはプログラミングが義務教育化されるのでビジネスの場で当たり前のスキルになると思われます。

そのため、今そういった技術を身につけておくと転職・就職に困らなくなります。

なので、今少しでも興味があるのならおそれず飛び込んでみましょう。

エンジニアになるためには?

ゆーじゆーじ

エンジニアになりたいんだけど何をどうしたらいいの?

自由の神自由の神

それではまず、プログラミング言語を勉強することから始めるのじゃ

ゆーじゆーじ

プログラミング言語?

自由の神自由の神

カンタンに言えばコンピューターに命令を出すための言葉といったところかの

ゆーじゆーじ

それはどうやって勉強するの?

自由の神自由の神

ならば、教えてしんぜよう

エンジニアを目指すにあたってプログラミング言語の勉強は必須です。

では、その勉強の方法についてですが、大きく分けて次の2通りです。

独学

・プログラミングスクール(オンラインスクールを含む)

この2通りの勉強方法にはそれぞれメリット、デメリットがあるのですが総合的に考えると私がオススメするのはプログラミングスクールに通うことです。

まず、独学ですが多分これが1番途中で挫折しやすいです
と、いうのも何の勉強にしてもあることですが途中で必ず壁にあたります。

そんなとき、プログラミングの場合何がおかしいのかわからないことが結構あります。

私も一時期、独学でプログラミングを勉強していたことがあるのですが、自分では参考書の通りに進めていってたはずなのになぜか違う結果になっていました(笑)

どこがおかしいのか1時間くらいうんうん唸りながら自分なりに見直していたのですが結局わからないままでした。

その点プログラミングスクールだとお金が結構かかりますが講師の方と対面で講義を受け同じ画面を見ながら自分のわからないところ、つまづいているところを質問できるので途中で挫折することもなく壁を乗り越え理解を深めていけます。

なので、独学でやっていくよりはお金はかかってもプログラミングスクールに通うことをオススメします。
で、そのプログラミングスクールなのですが、いまやIT時代でそういったスクールもかなりの数があります。

その中で私がオススメしたいのが今、1番話題になっていて人気のある「DMMWEBCAMP」というスクールです。

そこで、今回はこの「DMMWEBCAMP」というプログラミングスクールを紹介していこうと思います。

DMMWEBCAMPって?

DMMWEBCAMPの概要

DMMWEBCAMPとは”Webスキルのパーソナルジム”をテーマにプログラミング未経験の方に特化した転職・就職保証型のプログラミングスクールです。

転職コース、ビジネス教養コースがあり転職コースは3ヶ月、ビジネス教養コースは1ヶ月から3ヶ月まであります。

独自のカリキュラムによって未経験から最短で1ヶ月で高いレベルのスキルを身につけられる短期集中型で、受講終了後、転職コースは3ヶ月の転職サポートが付きます。

そのサポートですが、3ヶ月のサポート期間に転職できなかった場合には受講料金を全額返金するという驚きの内容です。(30歳未満の方限定で規定の受講条件を満たす必要があります。30歳以上の方は要相談)

その強気の姿勢は転職成功率98%という数字が物語っています。

ビジネス教養コースの場合は受講開始から8日以内に辞めたいことを伝えれば全額返金の保証があり、受講終了後は転職・就職のサポートもついています。

受講形式はカリキュラムを自分で進めていく自学習形式と講義形式を合わせて学んでいきます。

毎日、11:00~22:00まで教室が好きな時間に使い放題(金曜日は閉校日)なので自分のペースに合った学習ができます。
また、この時間であればいつでも講師の方に質問できますので解らないことがあっても安心ですね。

DMMWEBCAMPの受講料金はどのくらいかかる?

どんなスクールなのかはわかったけど、最も気になるのはお金の面ですよね。

「こういうところってやっぱり高かったりするのかな?」

って私もすごく気になりましたが、結論から言うと正直かなり高いです(笑)

転職コースビジネス教養コース
学習期間3ヶ月+転職サポート3ヶ月              1ヶ月
628000円(税別)128000円(税別)
              2ヶ月
分割払いの場合218000円(税別)
26000円~/月(税別)多数分割方法あり              3ヶ月
 298000円(税別)

と、いった感じです。
これを見て「高っ!やっぱりやめようかな」と思ってしまうでしょう(笑)

しかし、エンジニアになったら約550万円の平均年収が見込めます。
他の職種の平均年収は約450万円ですのでだいたい100万円程度上回っています。
さらに、経験を積み重ねていけば年収1000万円も夢ではありません。

なので、初期投資はかかりますが、働けるようになればすぐに戻ってきますし
万が一転職できなかった場合、受講料金は全額戻ってくるので実際に損をすることはないのかなと思います。

そして、今転職コースの専門技術講座(3ヶ月目までは同じで4か月目にAI教養コースかクラウド教養コースのどちらかを選択)が経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座」というものに認定され厚生労働省指定の「専門実践教育訓練給付金制度」の対象講座に認定されています。

なんか難しくてよくわかりませんが言葉は覚えなくていいです(笑)
どんなものか知りたい方はこちらへ→第四次産業革命スキル習得講座・専門実践教育訓練給付金制度

要は条件を満たせば給付金として、受講料の最大70%を受給することができるのです。

その条件とは

初めて受給する場合

・受講開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること
・在籍中、または離職後1年以内であること

2回目以降の受給の場合

・前回の受講開始日から次の受講開始日まで通算3年以上、雇用保険に加入していること

と、なっていますが受給資格に関しては最寄りのハローワークで確認できますので確認してみてください。(DMMWEBCAMP側では受給対象の判断をおこなえないため)

それにより、本来その転職コース専門技術講座は828000円かかるのですがそれを250000円くらいで受講することができるようになりました。

条件等さらに詳しく知りたい方はこちら→DMMWEBCAMP公式HP

DMMWEBCAMPを受講する流れってどんな感じ?

では、お金のことはかたづいたかな、ということで次は実際に受講する流れを見ていきましょう。

まず、最初にするのは、転職コースなら「無料カウンセリング」の申し込み
ビジネス教養コースなら「無料説明会」に参加することから始めます。

そこから転職コースは入学選考制なので選考を突破しなくてはなりません。
ただ、選考内容自体は特に難しいものではなくたとえ落ちても何回でも受けることが可能なので少し努力して再度選考を受けましょう。

ちなみに選考内容は

簡単なタイピングの技術

GitHubを使った簡単な編集(GitHubとはプログラマーが作ったプログラムを公開したり、共有したりするためのサービス。チームで開発をするのに必要なツール)

面談(やる気があるかの確認程度)

そして、入学選考を突破した後は

転職コース ビジネス教養コース
1か月目     基礎プログラミングの学習カウンセリング→ 受講開始
サイトの制作、アプリの開発に必要な知識を学んでいきます講義型形式の授業はおこなわずマンツーマンサポート                                    による完全習得型学習により学習していきます。                説明会参加後、最速3日後から受講可能
2ヶ月目    チーム開発
実際の開発現場のようにチームで企画、開発、設計と
プロジェクト単位でおこなっていきます
3ヶ月目    ポートフォリオの作成
(サービスの企画、設計、開発、リリースまで
Web開発のすべての工程を1人でおこないます)

と、こんな感じで進めていって終了後からキャリアサポートにより企業への転職・就職活動を始めていきます。

そして、企業から内定をもらえれば晴れてエンジニアの仲間入りです。

DMMWEBCAMPのメリット・デメリット

ここまで読み進めてきてかなりDMMWEBCAMPに対しての興味がわいてきたのではないでしょうか?
最後に、このスクールを選ぶメリットとデメリットをいくつかあげていきたいと思います。

DMMWEBCAMPのメリット

1.未経験から最短1ヶ月でスキルを習得できる

何の分野にしてもそうですが、未経験の状態からスキルを学ぶのは結構時間がかかります。

DMMWEBCAMPでは質の高い講師がマンツーマンでサポートしてくれわからないところも丁寧に教えてくれるので壁という壁にあたらずスムーズに学習していけると思われます。

時間はかからないにこしたことはないので良いですよね。

2.オフライン環境なのでモチベーションを維持しやすい

何かを勉強するってモチベーションを保つのが難しくないですか?
私も勉強してたとき最初はやる気に満ち溢れているのですが、時間が経つとどんどんしぼんでいって「今日はもういいか、明日にしよう」なんてことがざらにありました(笑)

DMMWEBCAMPでは基本スクールに通って講師や同期の仲間と関わり合いながら学習していくのでモチベーションの維持がしやすいです。

ちょっとサボってしまったらたちまち周りの同期から遅れていってしまうので”やらなきゃ”という意識が出やすいのではないでしょうか。

3.圧倒的な転職成功率

こう書くと転職情報誌の紹介みたいですが(笑)
しかし、上でも言いましたがDMMWEBCAMPの企業への転職成功率は98%と非常に高く、さらにすごいのが、その後1年以内の離職率も1%程度となっているところです。

これはキャリアサポートでの徹底したカウンセリングによる自己分析のおかげで本当にその人に合った企業を紹介しているからだと思われます。

そのうえ、転職できなかった場合は受講料を全額返金してくれるので、まさに至れり尽くせりといったところですね。
通常、スクールでここまでやるのは珍しいのではないでしょうか。

DMMWEBCAMPのデメリット

1.高い費用がかかる

スクールに通う以上これは仕方のないことなのですが、そうは言っても高いですよね(笑)
後々戻ってくるであろうと考えれば納得はできるのですが、最初に工面するのに頑張らないといけませんね。

2.現在のスクール数が少ない

現在、DMMWEBCAMPは東京(渋谷区、新宿区)と大阪(難波)の3校しかありません。
なので、通えるのは必然的にそれらの通学できる範囲内に住んでいる人のみになってしまいます。

これから、各地に開校していくかは今のところわかりませんが、地方に住んでいる方には厳しいですね。

私も地方に住んでいますので、都会に住んでいる方をうらやましく思ってしまいました(笑)

デメリットとしてはこれくらいでしょうか。スクール自体や学習内容に関する評判は悪い内容はほぼなかったのでお金と場所の問題だけでしたね。

まとめ

エンジニアになりたい!プログラミングを学びたい!と思ってもどこを選べばいいのかよくわからないと思います。
その中でDMMWEBCAMPはとてもオススメですので参考になれば幸いです。

ただし、スクールに通っているから大丈夫なんてことはありません。
最終的には自分のやる気と継続していく努力が必要です。

では、あなたがエンジニアになって活躍している輝かしい未来を祈っています。