ギュウギュウづめの電車で会社に行き、仕事で失敗した事を上司に怒られへこむ日々
職場にいけばお客様のストレスのはけ口になる店員業

家での会話の無い日々
ようやくの休みでゆっくりしたいのに、目の前にあるのは家事の山

考えれば考えるほど昨今の「やるべきこと」のストレスは大きくなるばかり

別にやらなきゃ良いじゃない?ほっとけば?・・・でもいずれ自分がやらないといけない事だよね?
じゃぁ今やった方が後々楽だよね?

だけど

実際はやればやるほど次の「やるべきこと」が出てきて休めない!そんな貴方に気持ちが楽になる考え方を提案します。

目の前に「やるべきこと」があっても無理やり休む事が大切

家事でも仕事でも何故今しないといけないのでしょうか?

それは「今しないと忘れるから」「今したら後が楽だから」「後でゆっくりする為に今やる」と考えるからではないですか?

ですが今ソレをしても結局後で何か「しなければならない事」が必ず出てきます

それは何故か・・・

「やるべきこと」が生きる為のルーティーンだからです。

お腹が空いた→食材を買う→調理をする→使った食器や調理器具を洗う→食器類を片付ける

たった「食べる」という事だけなのに少し考えればこれだけの工程が含まれているのです。

それじゃぁ次から次へと「やるべきこと」があって当たり前

しかも「お腹が減る」のは死ぬまで続きます。

ではどうすれば楽になるのか・・・

それはやるべきことがあったとしても、無理やり休む事が大切になってきます。

仕事の場合「有給」という選択があります。今は働きすぎの日本人の為に考えられた「働き方改革」が発足しました。

というのも諸外国と違って日本人は仕事や家事を休むのが下手!気楽にもっとゆっくり休む事を考えましょう。

確かに何かをしないと落ち着かないのは分かりますが、目の前の家事を「やらないと!」と思っていたら、いつまでたっても休めませんよ!

気持ちの切り替えが大切

まずは目の前の「やるべきこと」に一生懸命にとりくみましょう。

そして、ある程度頑張ったら「よし!これだけ頑張ったんだから今からの時間は自分へのご褒美という事にしよう」と考えましょう。

つまり、目の前にある事を頑張る、そしてスッパリ忘れて思いっきり休む!その気持ちの切り替えで次も頑張ろうと思えられるようになってゆきます。

人間なんてちっぽけな存在なのに何故悩む?

目の前の仕事
やるべき家事
人間関係のストレス

気にするなと言われても、やっぱり何故か気になりますものね?

休みでも何故か仕事の事を考えてしまっている自分がいるし、今日の晩御飯を作らないと家族がひもじい思いをしてしまう。

私達はこれは大切な「やるべきこと」だと思っているけれど、広く大きな地球の存在を見ると小さな事だと思えます。

さらにもっと外の存在を見てみると「人に言われて悩む事」なんてとんでもなく小さい事で悩んでいたことに気が付きます。

出典元ガラパイアhttp://karapaia.com/archives/52131854.html

一番左下の一番小さい星が地球です。

そんな小さい地球で、さらにとてつもない小さい事で悩んでいるのが私達です。

宇宙からみたら小さい地球でさらに小さい事で悩む私達

こんな大きな宇宙を見ていると、こうやって今悩んでいる事があまりにも小さい事だと気づかされますよね?

それにいずれ人間は死んでいなくなります、自分に怒ってイライラしている上司も、それにムカついている自分も何もかも100年後にはありません

いずれ消えてしまうのに何を悩む事があるのでしょうか?

まとめ

目の前の嫌な事

誰かのストレスのはけ口になっている自分

それらは、大きな宇宙から見ればちっぽけな事です。

そんなバカバカしいくらい小さい事をいつまでも悩んでいても、自分に怒っている人や自分を虐めている人に恨みつらみなんて届きません。

どうせ全部が消えてしまうなら、もっと気楽に考えて日常を自由に楽しく過ごす事を考えましょう。

それでも辛い日常に自分が押しつぶされそうになったら、空を見上げて宇宙の事を想像してみてください。

宇宙の大きな存在が貴方の悩みをちっぽけにしてくれますよ!