みなさんは鏡を見てあっ!こんなとこに白髪が生えてる!ってなったことありませんか?

さらに、数日後にはあれっ!白髪が増えてない?ってなったこともありませんか?
私はどっちもあります!(笑)

黒い髪の中に白髪がヒョコっと混ざってると目立ちますよね。
しかも、ただでさえ目立つのにより目立つところに生えてくるんですよね。

やっぱり白髪があると見栄えがよくないのでイヤですよね。

そして、一番問題なのは白髪のために老けて見えてしまうことだと思います。

そこで、今回は白髪になる原因とその対処法を調べてみました。

白髪が気になる方はもちろん、今のところは生えてないが将来的に不安だという方も見ていただいて、参考にしていただけたらと思います。

白髪になる原因って何?

そもそも白髪になる原因って何なんでしょうか?
それがわかれば対処法も立てやすくなると思われるのでまずは白髪になる原因を探っていこうと思います。

加齢による発生

これはよく聞くことですが加齢による老化現象が原因の一つに挙げられます。

平均的な白髪の発生率は男性で34歳頃、女性で35歳頃といわれています。
なので、30歳を越えたあたりから徐々に白髪が出てくるのは普通であり、今のところ白髪に全くならない方法は確立されていません

ただ、同じ年齢の人でも白髪の多い人、少ない人はいるのできちんとした対処法をすれば抑えることは出来ると思われます。

遺伝による発生

これもどうしようもないことかもしれませんが、両親のどちらかでも若いときから白髪が多いようならば遺伝による白髪の発生率の違いもあります。

しかし、あくまで白髪が生えやすくなるということが遺伝するので諦めることはありません。
きちんとした対処法をおこなえば白髪が増えるのを遅らせることは十分に可能です。

ストレスによる発生

現代社会でストレスを感じない人などいないかもしれませんが、それが過度のストレスとなると体内で大量の活性酸素が発生します。
この活性酸素は老化現象を加速させる一つの要因ともなりますのでそれにともなって白髪が発生しやすくなるというわけです。

私の周りでもまだ年齢はそれほどではないのに白髪が多い人って仕事やプライベートで何かしらの悩みを抱えている人が多いように感じます。

さらに、ストレスを感じることで大量のビタミンCが消費されます。
ビタミンCは美容に大きく関係しているビタミンともいわれ、髪の毛の質や色にも関係していますのでそれも原因の一つになります。

栄養不足による発生

原因の一つに栄養不足も考えられます。

髪は色素細胞(メラノサイト)という細胞が作り出すメラニン色素が内部に取り込まれ黒い色がついて生えてきます。
栄養不足になるとこのメラノサイトが正常に働かなくなり着色されないまま=白髪、となって生えてくるのです。

この、メラノサイトが正常に働くためにはビタミン、たんぱく質、ミネラルといった栄養素が必要になってきます。

睡眠不足による発生

人は眠っている間に”メラトニン”というホルモンが分泌されています。
このメラトニンには体内にある活性酸素を取り除いていくという働きがあるので、睡眠時間が足りないとメラトニンが十分に分泌されなくなります。

結果、活性酸素が取り除けず体内の細胞が正常に働くのを邪魔して白髪が発生する原因の一つとなるのです。

白髪が発生する仕組みとは?

白髪が発生、増殖していく原因はわかりました。
ここで、そもそも白髪とはどのようにして発生してくるのか、その仕組みを調べてみようと思います。

生まれたての髪は実はすべて白髪だった

髪の毛は毛根の一番先にある毛乳頭と呼ばれる器官が毛細血管から栄養分を取り込み、
それを髪の毛となって成長していく毛母細胞という細胞に渡していきます。

そして、栄養分を得た毛母細胞は絶えず分裂を繰り返して髪の毛が成長していくのです。

その成長していく過程で毛母細胞の周りにあるメラノサイトからメラニン色素を取り込み、黒く色が付いて頭皮から押し出されるように出てくるのです。

つまり、白髪とは黒い髪の毛の色が抜けたのではなく、メラノサイトが機能低下、消失したためメラニン色素をほとんど作れず黒く色がつかなかったまま頭皮から出てきたものをいうのです。

では、なぜメラノサイトは機能低下や消失してしまうのでしょうか?
これについては加齢などの原因があると思われるのですが、今はまだ完全にはわかっていません。

もともと髪の毛が白かったというのは驚きでしたが、よく考えれば加齢とともに色が抜けていくというより、加齢とともに機能が低下して色が付けれなくなっていくという方が老化現象という意味ではしっくりくるような気がしますね。

白髪が生えてきたときの対処法は?

生える原因、その仕組みとわかってきたところでいよいよ本題である対処法を紹介していこうと思います。

ストレス解消に努めよう

先ほど紹介したようにストレスは白髪の原因の一つなので、普段からストレスをためないよう心がけることが大切です。

平日に仕事でストレスが溜まってしまうような人は、休日には好きなことを思いっきりやって発散させましょう。

また、気心の知れた人に悩みを相談するのも効果的です。
日常における不満や愚痴を聞いてもらうだけでもいいのですべてはきだしてしまいましょう(笑)

そうすることでフワーっと心が軽くなったような気分になります。

睡眠をしっかりとろう

睡眠不足は髪の健康にも悪影響が出ます。

本来なら髪の成長が活発になるPM10時からAM2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間に寝ているのがベストなのですが、「仕事で帰るのが遅い」、「見たいテレビがある」などなかなか難しいですよね。
なので、睡眠時間は少なくても質の良い睡眠を心がけることができれば大丈夫です。

そこで、質の良い睡眠をとるためにできることをいくつかあげておきますので意識してみてください。

規則正しい生活で体内時計を整える(毎朝、同じ時間に起きることで睡眠のリズムができます)

寝る前にスマホやテレビを見ない(脳が活性化して寝つきが悪くなります)

カーテンを閉めて電気を消し部屋を暗くする(明るいと脳が朝だと勘違いをします。点けても間接照明程度までにしましょう)

ホットミルクを飲むなどして体を温める(胃や腸に負担をかけないものにしましょう)

寝る前にストレッチなどで体をほぐしリラックスする(やりすぎてしまうと逆効果です)

必要な栄養分をしっかり摂ろう

健康な髪を保つためや生えてきた白髪の進行を遅らせるためにはバランスの良い食事で必要な栄養分をしっかりと摂ることを心がけましょう。

健康な髪でいるための主な栄養素とそれらを含む食品はこちらです。

タンパク質髪の毛の主成分肉、魚、大豆、卵、乳製品など
亜鉛髪の毛の細胞分裂や生成をサポートする 海藻類(昆布やワカメなど)、ごま、アーモンド、緑茶など
ビタミンB群細胞の再生や代謝を促し髪や皮膚の成長に関係するレバー、納豆、青魚(アジ、イワシ、ブリ、サバ)など
チロシンメラニンの原材料となる成分チーズ、大豆、ピーナッツ、魚、レバーなど
チロシナーゼ酵素(チロシンを酸化させメラニンへ変換させる成分)に必要な成分大豆、納豆、カキ、エビ、カニなど

これらの栄養素を普段の食事から摂るのが難しい場合はサプリメントで補うのも一つの手です。

白髪の原因になりやすい食品

逆に摂りすぎることで白髪の原因になりやすい食品もあります。
意識して摂りすぎないように注意しましょう。

糖分を多く含んだもの

糖分を摂りすぎてしまうと血中濃度が高くなってしまい、皮脂腺が刺激されて頭皮から多くの皮脂が出るようになってしまいます。その結果、毛穴を詰まらせてしまったり炎症などの原因になって毛根を傷つけてしまいます

さらに、中性脂肪が増えることにもつながり血液がドロドロになるので、血行不良を引き起こし髪に栄養がいきにくくなってしまいます。

・刺激の多い食品

辛いものなどの刺激の多い食品を食べすぎると胃や腸などの消化器官に影響を与えてしまいます
消化器官が弱ると食べたものから栄養を吸収しにくくなってしまい、結果として髪にも栄養がいかなくなります。

ただ、少量であれば体が温まって血行が良くなるというメリットもあります。

・体温を下げる効果のある食品

体温が下がると血管が収縮してしまい、血行が悪くなってしまうので末端の方まで血液がいかないため栄養が届かなくなりなす。

きゅうりやとうもろこしなどの夏が旬の食品バナナやパイナップルなどの南国で採れる食品には体温を下げる作用があるので注意しましょう。

白髪を染めてしまう

ここまで、長期的な対処法を紹介しましたが、「そんなに長く待ってられない」という方には染めてしまうことをオススメします。

ただ、一口に染めると言ってもやり方はいろんなタイプがあります。
自分がやりやすそうなものを選んで試してみてください。

ヘアカラー

白髪染めの中で最もポピュラーなタイプですが、そのメリットとしては、一回しただけで確実に染まるという即効性です。
値段も安く、カラーバリエーションもいっぱいあって最もやりやすいです。

しかし、ヘアカラーには髪が傷みやすいというデメリットがあります。

市販されているものは誰でも同じように染めれることが大切なため強い薬剤を使っていることが多いからです。

なので、ヘアカラーで染めるときは十分に注意しましょう。

ヘアマニキュア

ヘアカラーより髪は傷みにくくそれでいて即効性も期待できるのがヘアマニキュアです。
爪に塗るのと同じように白髪にだけ塗っていきます。

しかし、髪を洗うたびに落ちていってしまうので短い周期で何度も塗り直さなければならないのがデメリットです。

ヘアカラートリートメント

これは、使うたびに徐々に染まっていき自然に近い形で白髪をカバーできるのがメリットです。
しかも、トリートメントということで、髪がきれいになる成分が配合されているので傷みを気にすることなく染めれます。

ただ、完全に染まるには何回かやらないとならないので、即効性という面では低くなってしまいます

間違った対処法

最後に、よく聞く対処法で白髪を抜いてしまうというのがあると思いますが

それは絶対にしないようにしてください

白髪に限らず毛を抜くと毛根を傷めてしまい最悪の場合、白髪どころか薄毛になってしまうおそれがあります

まとめ

いかがだったでしょうか。

結果として規則正しい生活を心がけ、栄養のある食事をとり、しっかりと睡眠をとることで白髪を抑えれるということでした。

これって、健康に過ごしていくのに当たり前のことですよね。
けど、この当たり前のことがなかなかできないんですよね(笑)

日々の積み重ねが白髪のない、きれいな髪へとつながっていくということです。

私もちょっと意識して生活習慣を見直し、白髪改善に向けて頑張っていこうと思いますので、みなさんも頑張りましょう。