ゆーじゆーじ

就職、転職前に何か資格を取っておきたいな

でもどんな資格を取ればいいんだろう

そもそも資格って要るのかな?

このような疑問に答えていきます!

就職や転職を考えている方は少しでも内定率を上げたいですよね。
他人と差をつける手段として資格はかなり効果的な武器になります。

しかし、資格が有利だからといって就職や転職を考えている業界に必要のない資格は
はっきり言って意味のないものになってしまいます。

私も社会人になってこれだけはもっと学んでおくべきだったなと思った、
どの業界にも通用する持っていて必ず役に立つおすすめの資格を紹介します。

就職、転職に役立つ資格

Excel表計算処理技能認定試験

皆さん必ずと言っていいほど使ったことがあるのではないでしょうか?
マイクロソフトオフィスのエクセルについてに資格です。

このサーティファイExcel表計算処理技能認定試験は、
売上集計やデータ管理・抽出などを通して実務に沿ったExcelを学ぶことができる検定試験です。

ここで質問ですがあなたはどのくらいExcelが使いこなせますか?
簡単な関数が使える、表でデータをまとめられる。

このくらいではないでしょうか?

おそらくこのくらいのExcelの使用レベルはどこの企業も当たり前として扱われると思います。
要は実践レベルでどのくらい使えるかがポイントです。

 

 

就活生が持っていて有利になるスキルは?
この質問に一番回答が多かったのがPCスキルでした。

 

 

しかし、一方で。。。

 

企業に聞いたPCスキルの答えは
身につける努力をしていて当然などの答えでした。

 

 

ここでポイント

TOEICとは違い資格を持っていない人が多いということも事実です。
他の学生が簡単な関数や表が作れます。という中で

「Excel表計算処理技能認定試験という資格を持っていてExcelなら何でもできます」

こんな学生がいたら魅力的に感じませんか?
入社前だけでなく入社してからもめんどくさい業務も簡単に片付けられ
業務スピードも圧倒的に周りよりも早いはずです。

Excelが必要な理由

  • どの会社も必ず使用している
  • Excelが得意な人が少ない
  • 圧倒的に周りに差をつけられる

    あわせて学んでおきたい

    Excelを学ぶついでに学んでおきたいのはVBAという言語です。
    VBAとはビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ(Visual Basic for Applications)

    簡単に説明すると今まで手打ちで行っていたExcelで関数を組む作業やデータを抽出する作業をプログラミングで
    簡略化できる仕組み
    のことです。

    最近ではAIなどによって簡単な作業がなくなるなんて話も出てきていますよね。
    このVBAも簡単作業を削減するために近年注目され始めています。

    これからの時代に必ずと行ってもいいほど必要となってくるスキルなので合わせて学んでみるのもいいですね。

    Excel表計算処理技能認定試験の試験についてはこちら→

    MOS

    MOSは、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略でWord Excel PowerPoint Access Outlookの5つの能力を認定する資格です。

    先程のExcel表計算処理技能認定試験と話がかぶってしまいますがマイクロソフトのツールはどの企業に入っても必ず使うツールです。

    MOSの資格を取るメリット

    パソコンの操作に困らない

    MOSの5つのツールが使いこなせてしまえばパソコンで困ることはほとんど無いでしょう。

    また仕事だけでなく私生活でExcelやWordを使う機会もあると思います。
    そのようなときも誰にも頼らず作業ができてしまうのは便利ですよね。

    国際資格であるということ 

    マイクロソフトはグローバル企業であり全世界で使われているツールです。

    少ないかと思いますがもし海外での就職を考えている方にとってもおそらくこのマイクロソフトのツールを使う機会はあると思います。

    取っておいて後悔ないはず

    おそらくマイクロソフトのツールは今後しばらくはお世話になるツールなので使いこなせるに越したことは無いと思います。
    Excelが苦手、PowerPointの操作がわからないなんて人は多くいるはずです。

    そんなときにマイクロソフトのエキスパートなあなたの活躍時ではないでしょうか?

    間違いなく圧倒的に活躍できるはずですよね。

    そもそも資格は必要なのか?

    就職や転職を考えている方にとってこの疑問はつきものではないでしょうか?

    もちろん資格がないとなれない職業もあります。
    看護師や、医師、弁護士なんかは国家資格がないと仕事をすることはできません。

    しかし、一方で民間の企業で働くことを考えている方にとって資格は必要不可欠なものなのでしょうか?

    資格では飯は食えない

    いくら資格があっても仕事につかないことにはお給料は出ませんよね。

    仕事に就く、あるいは自分で稼いで始めてお金になります。

    資格は武器になりますが、この武器の使い方で稼げるか変わってきますよね。

    資格取得=専門知識の勉強

    資格はなくても稼ぐことはできます。
    なので資格取得は専門知識を勉強した証と捉えることが良いと思います。

    資格があることで自身がつきますよね?
    その分野では十分勉強し、知識がついた証拠です。

    資格がなくても就職はできる

    ゆーじゆーじ

    でも僕、資格とか何も持っていないだ、、、

    自由の神自由の神

    心配することはない、資格以外にも使える武器があるんじゃ

    もし、いま資格がなくて困っていても焦ることは有りません。

    資格は魅力的ですが更に魅力的なものがあります。

    それはポートフォリオ(成果物)です。

    このポートフォリオとは
    「私こんなもの作れますよ!」というようにアピールになるものです。

    資格という肩書だけでなく、どんなものが作れるかを目で見て判断できるので
    採用する側としても魅力的ですよね。

    簡単なものから作ってみよう

    例えばWebデザインの会社に入りたいのなら
    試しにどこかの企業のロゴを作ってみる、写真を加工してチラシを作ってみる。

    プログラミングの会社に入りたいのなら
    簡単なコードを書いてツールを作ってみる。

    などなど最近ではググれば無料で学べる教材から月500円程度でプログラミングが学べるものもあります。

    資格取得を目指すのもいいですが目に見える成果を作るのも良いアピールになるのではないでしょうか?

    最後に

    よく就活ではあまり資格については評価の対象にはならないという話を聞きます。

    しかし、入社後のことを考えて資格を取るのはすごく大事なことです。

    いかに、入社後のに圧倒的に活躍できるか、周りよりずば抜けられるかを考えると資格は持っていて損はないですよね。

    就職、転職という目先のことだけでなく今後のことまで考えてみるのもいいですね。