全国の「嫁姑バトル」に日夜頭を抱えているお嫁さん、そろそろお疲れではないですか?
同居していても別居していても、何かにつけてクビをはさんでくる強敵のパワーは
どんなに歳を重ねても弱まりません。

ひいては押し寄せ、押し寄せてはひく大波のように・・・。
そんな大波に太刀打ちしようものなら、たちまち返り討ちに合いあなたの家庭は難破船!

なんて事にならないように大船に乗って上手く舵取りをしようではありませんか!

お姑さんのココが我慢できない!

今、全国のお嫁さんの4人に1人が「嫁姑バトル」に命を燃やしています。
核家族化している現代において、同居又は別居だけど近くに住んでいるお嫁さんの
ほとんどが「嫁姑バトル」のストレスを抱えているという数字なんです。

それでは、お嫁さんはお姑さんのどんなところが我慢できないのか・・・。
理由はそれぞれの環境によって違いますが、代表的な意見をまとめました。

【その1】姑が他の嫁と比較して嫌味を言う
【その2】姑と子供の教育方針が違う
【その3】姑がいちいちおせっかいする
【その4】姑が夫に対して子離れできない
【その5】姑が料理の味付けを強要する

いやぁー、鬱陶しいかぎりですね。
「私だってお姑さんからそうされてきたのだから・・・。」
とか言われても、誰に対する仕返しなのやら・・・。

どれもこれもお嫁さんからしてみれば、ただの嫌がらせのようなもの。
お嫁さんの苦労、本当によくわかります。

でも、お姑さんは本当に嫌がらせでやっているのでしょうか?

お姑さんの気持ちも考えてみよう!

お嫁さんもお姑さんも同じ「嫁」です。
お子様がいるなら同じ「母親」でもあります。

お嫁さんだって、将来今のお姑さんみたいになる可能性はゼロではありません!
「嫁」「母親」の先輩であるからこそ、アレコレ教えてあげたくてついつい
口出しをしてしまうのでしょう。

ここはひとつ深呼吸をして冷静な気持ちになって下さい
お互いにストレスを溜めずに、平和的に解決できる攻略法をご紹介します。

姑攻略法 ~やんわり、そしてきっちりとお姑さんを納得させる!~

火花バチバチではいつまでたっても事態は終息しません。
お嫁さんのちょっとした言葉の言い回しに人生の先輩への尊敬の思いを込めて、
お姑さんの心をガチっと掴んでしまおうではないですか!

【その1】姑が他の嫁と比較して嫌味を言う の攻略法

「あそこの嫁はよくできた嫁だ、それに比べてうちの嫁ときたら・・・。」
なんて言われたら、お嫁さんだって
「あそこのお義母さんはあんなに優しいのにうちのお義母さんときたら・・・。」
と反逆したくなりますよね!

では、あなたもガツンと一発!言ってやろうではありませんか!

「私の友達のお義母さん、すごく意地悪なんですって。
それに比べて私は本当に幸せだわ。うちのお義母さんで良かった!」

これでキマリです!

【その2】姑と子供の教育方針が違う の攻略法

お姑さんにとっても孫はとても大切な存在です。
アレコレと心配して、教育について口出しをしたくなる気持ちだってわかりますよね!

ところがお姑さんの時代と今の時代では教育の内容は変わっています。
それなのに昔のやり方を強要されたらそりゃあ意見がぶつかり合いますよ!

「コレを習わせろ、アレはやらなくていい、この学校がいい」
なんていちいち言われて意見が合わなければ、合わせてしまえば良いのです。

「〇〇〇〇〇っていう(お嫁さんの教育方針)のが今はあるんですけど、お義母さんの
アドバイスしてくれる教育方針を基本にして展開されたみたいなんです!
さすがお義母さんです!」

これでキマリです!

【その3】姑がいちいちおせっかいする の攻略法

おせっかいはお姑さんの最高の楽しみだと思ってあげて下さい。
人生の先輩として、息子の家族に頼られたいのです。

お嫁さんにとっては「お節介=大きなお世話!」
そんなに大きなお世話なら、ありがたく頂戴しちゃいましょうよ!

例1:お姑さんの料理を持ってくる・・・。
ありがたく食卓の一品に加えれば楽ができます。
例2:勝手に押しかけて掃除をする・・・
これも楽ができてありがたいではないですか!
例3:孫に甘くて何でも買い与える・・・
ラッキー!いただいてしまえば良いのです。

「お義母さん、いつまでも元気でいて下さいね。家事は甘えられるし、子供も大きく
なるにつれて欲しいモノが高額になるけど、私達にはとても買い与える事はできないから。」

これでキマリです!

【その4】姑が夫に対して子離れできない

いやぁ、いくつになっても子供は子供なんですね!
結構ではありませんか!
お姑さんが元気な証拠です。

逆にいつもお姑さんの心配をしなければならないより、随分手が掛からなくてマシです。

「主人はお義母さんがいつまでも面倒見が良くて幸せ者です。
こんなになんでもしてもらっていると、お義母さんの介護が必要になった時、主人に
できるか心配です。」

これでキマリです!

【その5】姑が料理の味付けを強要する

ご主人にとって一番おいしい味・・・それはおふくろの味です。
お姑さんの味付けにお嫁さんは敵いません。

しかし、ご主人の体調管理のためや、あなたの口に合わなければハッキリ言って
やろうではないですか。

「お義母さん、もう少し味付けを○○にして作って下さい。
私が作ってもいいんですが、お義母さんのお料理の腕には敵わないので・・・。」

これでキマリです!
ご主人の体調管理を理由にすれば、お義母さんも文句ナシで味付けを変えてくれます。

嫁vs.姑の関係は嫁の舵取り次第でキマリ!

お姑さんからしてみれば、お嫁さんは大切な息子を奪った憎い相手・・・。
と決め付けてしまっていませんか?

確かにお姑さんからしてみれば、息子は命を懸けて守り育ててきた大切な存在です。
そして、そんな息子の幸せを命ある限り強く願い続けます。

だからと言って、お嫁さんに奪われた・・・とか奪った嫁が憎い・・・なんて思っては
いないのでは?

お姑さんはきっと「お嫁さんに負けたくない」と思っているのでしょう。

お姑さんは、お嫁さんに負けてしまうのが寂しいのです。

「嫁姑バトル」がなぜ終息をむかえないのか・・・。
それはお互いが勝とうとするからです。

お姑さんがあなたの愛するご主人を産んで育ててくれたからこそ、あなたはご主人と
出会えたのです。

「面舵一杯!」
今までのバトルの荒波を避けて、航路を思いっきり変えてみてください。
お姑さんに勝利を捧げて、お嫁さんの上手い舵取りで素敵な関係を築いて下さい!