主婦って本当に自由な時間がないですよね。子供がいるとなおさら。
この記事を見ていただいている時点で、あなたの毎日が家事と育児に追われていること、よくわかります。

やっと片付けたのに振り向いたらおもちゃの山、掃除したばかりの床にこぼされるお菓子。
洗濯機を回した後にこれ洗っといて、今日のご飯はこれだけなのとつぶやく旦那。
一日中動き回っているのに、なぜか山のように溜まっていく食器や洗濯。

その光景をみた瞬間、主婦なんてもう嫌だ。一人で自由になりたい。
そう心の中で叫んでいませんか。

でもなぜ主婦ってこんなに不自由なのでしょう。
頑張っているはずのあなたに、なぜこんなにも自由な時間がないのか。

衝動的になって家を飛び出してしまう前に一度考えてみましょう。

自由になりたいなら時間のためにまず完璧をやめてみよう

今しなくてもいいこと後回しにすることで、あなたの自由時間が増えることがあります。

主婦は家を任されているのだから、ちゃんとしなくちゃいけないと思っていませんか。
ですが、365日休むことなくすべてを頑張らなくてはいけないのでしょうか

もちろん生活するために、毎日やらなくてはいけないことはたくさんあります。
食事の準備をしなきゃご飯は食べれないし、洗濯をしないと着る服がなくなります。

ところがどうでしょう。
子供がおもちゃを夕方まで出しっぱなしにしたらどんな困ることがありますか。
シンクも朝昼まとめて洗っちゃったほうが楽な時ってありませんか。

完璧にすることを諦めることで、毎日の中に小さな自由は作れたりするものなのです。

上手に手を抜こう!実はみんなズボラ主婦

いつも素敵なヘアスタイルに化粧ばっちりのおしゃれな奥さん。
公園や児童館に毎日子供を連れだしているパワフルお母さん。

自分は日々の生活をやり過ごすだけで精いっぱいなのに、あの人たちはどうしてそんな余裕があるんだろうって謎に思ったことありませんか。
まるで自分以外の主婦は、一日48時間あるんじゃないかと思ってしまうほど。

だけどそうではないんです。みんなどこかで手を抜いているんです。

私も昔はやみくもに主婦業すべて頑張っている時期がありました。
するとどうでしょう。ある主婦には”毎日掃除機かけてるなんてえらいね”、またある主婦には”朝から目玉焼き焼くなんてすごいよ”なんて言われるんです。

家事に追われているうちに、いつのまにか一日が終わっているような日々を過ごしていた私は、みんながすべてを完璧にこなしているわけではない事を知り、とても驚きました。

他の主婦の方々は家事も子育ても完璧にこなしているように見えて、実はみんな上手に手抜きをしていたんです。

それを知ってからは私も少し肩の力を抜き、すべてを完璧にすることを諦めてみることにしました。
おかげで今では自分の自由な時間をもてる立派なズボラ主婦です。

芸人のロバート秋山さんが以前やっていたアーモンドピークのCMをご存知ですか。
ズボラ主婦応援ソングです。ぜひ視聴して、参考にしていただきたいです()

引用:maidigitv

みんな主婦として何かこれだけは頑張っていることってあると思います。
「家族の栄養を考えた食事作りを頑張っている」「子どもを地域の色々な行事に参加させている」。

頑張っているものがあるのなら、他のものは多少ズボラになってもいいんじゃないですか

ニッポンの主婦の元気のために!”主婦休みの日”

毎日のちょっとした自由時間がほしいわけじゃない。
一日でいいから主婦業お休みしたい、自由になりたいと思っているあなたに朗報です。

日本には”主婦休みの日”という日があるのを知ってますか。
これは2009年4月に、サンケイリビング新聞社が日本記念日協会に「主婦休みの日」を申請し、正式に認定された記念日なのです。

引用 公式HP:サンケイリビング新聞社

  • 家事という仕事を夫婦(家族)で一緒に考える日。
  • 夫や子どもが家事にチャレンジする日。
  • 主婦が元気になって、ニッポンも元気になる日

これがサンケイリビング新聞社の提唱している主婦休みの日の過ごし方です。

体調が悪いわけでもない、用事があるわけでもない。
だけどちょっと疲れたから私も明日は休みたいな、なんてなかなか言い出せなかったりしますよね。

ですが、これは日本記念日協会が主婦のため、ニッポンのために制定した記念日です。
ぜひ主婦休みの日を知ったこのタイミングで、たまには頼りたい気持ちを旦那や子どもに話してみましょう。

自分の気持ちを伝えるのはとても大切なことです。

旦那がダメなら思い切って育児も家事も外注してみよう

それでも様々な理由でやっぱり旦那には頼めないって人もいると思います。
そもそも旦那の休みが少ない。旦那に家事を頼んだほうが余計に自分の仕事が増える。

そういう人は自分の自由の時間のために、思い切っていろんなサービスに頼ってみましょう。
一時保育やファミサポ、宅配や外食、家事代行サービス等などがありますよね。

ここで、おそらくあなたは思ってしまうんです。
私は主婦なのにそんなところに頼んで甘えちゃっていいのだろうか、と。
そこでどうしても罪悪感に押しつぶされてしまうんですよね。

ですが,子供を人に預けることや家事を外注することは本当に悪いことでしょうか。

いつかは子供は一人で幼稚園、小学校に行かなくてはいけません。
人に預けることはその練習と考えれば、子供にとっても大切な経験ではないでしょうか。

外食だってそうです。いつも食べないものを食べることで、マンネリ化していた食卓に新しいメニューを並べることができるかもしれません。

家事代行サービスについても同じことが言えると思います。

そもそもこれらが悪いことだというのならば、国はこんな制度は作らないしお店も経営が成り立ちません。
主婦だって自由になっていいんです。たまにはそんなサービスに思い切って頼ってみてはいかがですか

「でも,お金がかかるしな…」

そう思う気持ちもすごく分かります。でも,お金で自分の負担が減って,心が楽になるなら,とてもいいお金の使い方なのではないでしょうか。

体が疲れたらマッサージにいきますよね。そんな感覚で,「自分が元気になるために」お金を使うことは,家族にとっても良いことだと思います。

「他の人が家にあがるなんて心配…」

私も最初はそう思っていました。でも,いざ頼んでみると,拍子抜けしました。

もっと早くお願いしていれば良かったなあとさえ思います。

家事代行サービスについては、最後に記事を載せています。

家族はあなたにとってかけがえのない存在

この記事にたどり着いたあなたは、決して家族を手放してまで自由になりたいわけではないんだと思います。

ケンカすることがあっても二人でいろいろ乗り越えてきた大切なパートナー。
自分の命よりも大切な世界で一番かわいい我が子。
そんな家族みんなで笑いあってるときはとても幸せな時間ですよね。

それなのに毎日の主婦業に追われ余裕がなくなり、今日も旦那や子供に当たってしまった

私はそんな罪悪感を感じてしまうくらいなら、ガス抜きのために主婦業をお休みした罪悪感のほうがよっぽどいいと思います。
その罪悪感を糧にまた明日から頑張ればいいのだからです。

そして家族にとってもあなたはかけがえのない存在です。

今あなたが自分の自由がないと感じる生活は家族にとって幸せでしょうか。
一度立ち止まってよく考えてみてください。

おわりに

自由になれない理由、
それはあなたが自由になりたいと思いながらも、自由になることに罪悪感を抱いているからです。

誰だっていつも全力疾走してたらいつかは疲れてしまします。
あなたが自分は一生懸命がんばっていると思うのであれば、たまには自由な時間を作ってもいいのではないでしょうか。

主婦だって妻である前に、母である前に一人の人間です。

それをあなた自身が忘れないようにしてください。
あなたが望む自由な時間は、あなたの気持ち次第で作れますよ。

『主婦の自由』についてはこちらの記事でも書いています↓