行きたくない学校、やりたくない仕事、めんどくさい家事、煩わしい家庭問題や人間関係、さらにはSNSで加工した生活と自分。

「お金さえあれば、全部辞めて自由になれるのになぁ」なんて思ったことはありませんか?

私も学生の頃は親と喧嘩する度に「お金を持っていたら、今すぐに家出するのに」って思っていました。

でも、家出できるお金があったところで、最低限“やらなければならない”ことって誰にでもありますよね。家事、育児、仕事・・・つまり、誰でも生活の中で拘束される時間が多少はあるということです。「忙しい」「時間がない」ってよく口にしていませんか?お金があっても何かに追われて忙しくしていると、いつの間にかもう一週間たっている・・・

お金と違って、時間はお金持ちでも学生でも誰でも平等に与えられるものです。でも、時間はお金と違って何もしていなくても勝手に減っていきます。今この瞬間もです!お金も時間も、どちらも使い方次第であなたの“自由度”は変えられるんです

今回は、あなたがもっと自由で豊かになるために必要な金額とあなたのお金と時間の“自由度”を高める方法を紹介していきます。

自由にはお金がかかる?

総務省統計局によると、一か月あたりの生活費は、一人暮らしで約17万円から19万円。単純計算で一年間で約200万円になります。ただ、この調査対象の平均年齢が49.6歳だったので、この数字は比較的安定した収入がある人の生活費になると思います。

もちろん生活費は人それぞれ違ってきますし、地域によって生活にかかるお金は変わってきます。事故や病気で思いがけない急な出費があることもあります。

例えば私が大学生の頃、生活費をのぞけば、部活の遠征費や交際費がほとんどを占めていました。遠征費や交際費は比較的簡単に出費を抑えることができますよね。でも、部活は毎日座りっぱなしの生活に欠かせない息抜きだし、やっぱり友達と遊ぶ時間も必要!「お金はいくらあっても困らない」って思っていました。

出費を抑えることはできても、その分我慢することやイライラ・窮屈を感じることが多くなっては意味がありません。

結果いくら必要かよりも、あなたがどんな生活をしたいかが大事になってきます。どんな生活がしたいかと言われれば、もちろん「自由な生活」ですよね?

お金で自由は買えるのか

そもそも私たちは何のために自由になりたいのでしょうか?お金があれば自由や幸せな生活が手に入るのでしょうか。

例えば、あなたに一生仕事をしなくても自由に生きていけるお金があるとします。そのお金はあなたのもので、自由に使っていいお金です。あなたはそのお金で何をして、どんな人生を送りますか?

仕事を辞めて、一生遊ぶ。今のパートナーと別れて悠々自適な生活をする。夢だった車とマイホームを手に入れる。

どんな夢でも叶いますし、あなたの思うままです。

でも、皮肉にも「お金=自由・幸せ」の方程式はいつも成り立つとは限らないのです。

近年話題になっているポジティブ心理学では収入と幸福度は必ずしも比例しないといわれています。つまり、お金持ちでも不自由で不幸なひともいれば、平均的な年収で自由で幸せに暮らしている人もいるわけです。

お金があるからといって、不安や心配事が無くなる訳ではないということです。

これだけあれば安心という金額は存在しないんです。

逆に、お金が増えて自由を失う人もいます。

例えば、テレビを見ていて超売れっ子がちょっと疲れているように見えたことはありませんか?有名になればなるほど、お金は稼げるけど、どんどんプライバシーが無くなっていって、言動一つ一つに気をつかうようになって・・・

お金が自由にさせてくれるとは限らないのです。

自由を確保する(経済的自由)

とは言え、やっぱりお金は大事。あなたは自分が毎月いくらお金をもらって、何にどれだけのお金を使っているか正確に把握していますか?

私は大学生の頃に本当に短い期間なんですが、家計簿を付けていた時期がありました。三日坊主で全然続かなかったんですけど、その時に(主に食費ですが)意外に無駄な出費が多いっていうことに気が付きました。

スーパーフード流行に乗って買ったチアシードは全然減ってないし、じゃがいもはいっぱい買いすぎてよく芽が出ていたし、ジムのメンバーシップのことは買った後はすっかり忘れていました。

あなたの家には「いつか使おう」っと思ってほったらかしになっている物や、ついつい買いすぎてしまっている物はありませんか?

一度、家計簿を付けて毎月自分が稼いだお金がどういう目的で何に使われているのか確認してみてください。

今月の給料の内あなたはどれだけ自己投資出来ていましたか?生活費や必要なもの以外に自分自身の為に使ってあげたお金はいくらありましたか?

経済的に自由になるには、お金をいっぱい稼げばいいわけではありません。

あなたが一か月に稼いだお金を100%として、何%のお金をあなたの好きなことややりたいことに使えているかがポイントです。家計簿をつけると、あなたがどれくらいの経済的自由をあなた自身に与えているか一目瞭然です

お金は私たちの血液と一緒で、常に循環しているものです。きちんと循環していればしっかり仕事をしてくれますし、逆に流れを止めようとすれば本来の役割を失ってしまいます。

もし、今あなたがもったいなくて自分自身の為にお金を使ってあげられていないなら、あなた自身があなたの経済的自由諦めてしまっているということです。

少しづつでもあなたのワクワクすることにお金を使ってあげてください。

好きな人と食事に行ったり、好きなアーティストのライブに行ったり、普段頑張ってくれている体のためにマッサージに行ったり、好きな作家の本を買ったり・・・

いい流れでお金を出す事が出来れば、必ずいい流れでお金が入ってくるようになります。

あなた次第でどんな流れも作れちゃうんです!

なんとなく失っている自由(時間的自由)

お金だけでなく、時間の使い方にも自由を得るヒントがあります。私たちはなんとなく生活していることが多いです。なんとなくあれを買ってみてほったらかし、いつものようになんとなくやることを終わらせて、なんとなくテレビやYouTubeを観て時間を過ごし一日が終わっていく。

良く言えば安定しているのかもしれませんが、悪く言えばもったいない時間の使い方をしています。

まずは、「やらされている、やらなければならない(受動的状態)」から「やりたい(能動的状態)」に変える事が大事です。

なんとなくは受動的状態の時に起こりやすいです。「理由はわからないけど、言われたから」「いつもこうしているから」と生活していることはありませんか?

例えば、私は電車通学だったので、電車の中ではその日の授業で行われる小テストの範囲を勉強することが日課でした。英単語だったり、古文の文法だったりです。真面目な生徒に聞こえるかもしれませんが、実際はノートを開いて満足していただけで、勉強はしていませんでした。

私の場合は「テストがあるから」とか「周りの学生がやっているから」とか、つまり自分が本当に勉強したいと思っていなかったんです。なんとなく、周りがやっていたからやっていたに過ぎません。そんな調子で覚えられるはずもなく、テストはいつもそこそこの結果でした。

外的刺激(言われたから、周りがやっているからなど)を受けてした行動は、実際には結果も出にくいし、充実感もあまり感じられません。それでイライラや不安などに繋がることもしばしば・・・

私たちは無意識のうちに無数の色んな選択をしています。

今まで意識していなかったそのなんとなくの選択をちょっとしたコツで意識するだけで今の生活をもっとワクワクして充実したものにすることが出来るんです。

1.朝から一日自分の行動を全てメモする

(例、朝食を食べなかった、友達に連絡した、SNSに写真を投稿したなど)

2.メモに書いてある全ての行動・選択に「理由・原因」と「自分の正直な気持ち・感想」を書いてみる

(例、朝食を食べなかった→遅刻しそうだったから。でも、本当は朝食は一番大事だからしっかり食べたい)

この2つだけで今まであまり意識していなかった生活の部分を可視化することが出来ます。

このメモの中で辞めたいことや変えたいことを1つづつ楽しいことに変えていくだけです。

初めは難しいかもしれません。三日坊主になるかもしれません。でも、どんな選択をするかはあなた次第なんです。この一日一日の選択があなたの残りの人生を創っていくと考えたら、毎日をどんな一日にしますか?

覚えていてほしいのは、あなたはいつでも自由だってことです。親や会社に言われてとか、やらなければいけないからって理由であなたが窮屈に感じてしまう必要性はありません。

あなたが思っている常識は海の向こうでは非常識かもしれません。

失敗を恐れて今のままで生きるか、思いっきりやりたいことを自由にやるか。あなたが自由にやりたいことをやった時には、あなたの恐れているリスクや失敗もちっぽけに思えます。

例えば、あなたがゲームをしている時に、そのステージをクリアしたければ敵を倒して前に進みますよね?もし相手が強すぎれば、どうやったら倒せるか考えたり、必要な物を準備しますよね。

それと同じことなんです。あなたが主役の人生というゲームです。あなたがあなたの思うように楽しいことをするだけで、自然とあなたは強くなります(スキルアップ、収入アップ、素敵な仲間、など)。

私は高校受験に失敗して、行きたくなかった高校に3年間通いました。それゆえ、その3年間は私の暗黒時代なんですが、それでも私が良かったなあって思える理由があります。

それは、高校3年生で留学を決意したことです。英語も喋れない、外国人なんて学校の先生以外見たこともなかった田舎っぺがです。

留学決心以降は私の高校が偏差値40台だったことにただ感謝です。課題も少なく、授業も簡単だったお陰で、死に物狂いで英語の勉強が出来たからです。毎日電車通学中になんとなく眺めていた英単語だって自分でも驚くぐらいのスピードで覚えられるようになっていったんです。

その後、無事に海外の大学を卒業しました。

あなたが一日の中に自由な時間を持てば持つほど、“やらねばならない呪縛”から解放され、今まで以上にあなたの良さが発揮されます。やりたいことに理屈はいりません。一度勇気を持って羽ばたいてみれば、思ってもみなかった景色が見られるかもしれませんよ?

まとめ

お金は生活を豊かで便利にしてくれる道具の一つですが、お金と豊かさ・自由度は必ずしも比例しません。時間も無限にあるわけではありません。私が思う自由で豊かな人生を送る方法は、お金も時間も使い方を楽しくて明確な目的をもって使ってあげるということです。みなさんも、これから自分の目的に合ったお金と時間の使い方を見つけて実践していきましょう!