ゆーじゆーじ

ちょっと相談があるんですけど…

自由の神自由の神

ほほぉ、なにか悩んどるようじゃの

ゆーじゆーじ

そうなんですよ、実は友人が離婚の危機でして「もう自由になりたい…」と困っているんですよ。どのようにアドバイスをしてあげればいいのか困っていて。

自由の神自由の神

なるほどな、じゃあまずは自由になりたい理由を聞かんとな。人によってなんで自由になりたいかは違うものじゃ。

ゆーじゆーじ

え!!そうなんですか。

自由の神自由の神

原因がわからないと、間違ったアドバイスになりかねん。まずは理由から確認してみるぞ。

あなたのまわりにも自由になりたい、離婚したいと困っている方いませんか。

実は自由になりたいには色々な意味が含まれています。この本当に意味に気づかないと問題は解決しません。

まずはどうして自由になりたいのか、それぞれの理由から見てみましょう。

「自由になりたい」男女でこの言葉の意味合いが違う

一言で自由になりたいとは言っても、実は男性と女性が思っている意味合いが違います。

なぜなら今でも日本の過程の多くは男性が働き、女性が家事をするという状態なのでそれぞれが抱えている悩みが違うというわけです。

 実際に男性と女性によってどのような悩みに違いがあるのか以下に書き出してみました。

男性が自由になりたい4つの理由

趣味に没頭したい

自分の趣味に時間とお金を思う存分使いたいからという理由です。言われる女性側からすると自分勝手な意見だと思うかもしれません。しかし生活のために好きでもない仕事で働いているからこそ、それ以外の時間は好きなものに没頭させてほしいと思うこともあるようです。

 

独身に戻りたい

これは勘違いされることもあるかもしれませんが、他の女性と一緒になりたいというものとはちょっと違います。

一人になることができる時間がほしいとうことです。もともと、一人の時間が好きだった人が思うことかもしれませんね。

他の女性と一緒になりたい

これはもうはっきりとしている理由です。ここから男性の意見を覆すのは難しいですし、女性からすると、覆したいとも思わないでしょう。

そういう理由で、自由になりたいという人も一部いるのは事実です。

 

父親としての責任を負いたくない

子供が生まれると先立つものが必要です。少なくとも20年間は家族の大黒柱という役割が求められます。しかしいざ自分がその立場になると、想像以上の責任の重さに気づき逃げ出したくなったというわけです

 

ゆーじゆーじ

こうしてみるとなんだか自分を第一優先にしているように見えますね

自由の神自由の神

このような理由で自由になりたいと思ってしまったなら、一度まずは自分でじっくり考えるべきじゃな。

 

女性が「自由になりたい」4つの理由

偏った家事の負担

専業主婦といえば、家事が仕事だと思われるかもしれません。ですが全て任せっきりでいいわけではありません。

家事は365日あるので、専業主婦の方は休む暇もなく働いていることになります。そんな状態が続けば そこから自由になりたいと思うのは当然のことだと思います。

 

子育ての負担

家事以外にも子育ての負担が偏ることもあります。子育てにも休みはありません。そして子どもはとても自由で想像しないことをドンドンやっていくので、常に気を張り見守っていなければいけません。

少しぐらい自由になりたいと思う気持ちは理解できます。

 

自由にお金を使いたい

専業主婦であれば限られた予算の中から、家計をやり繰りしなければいけません。節約することももちろん大切ですが、時には頑張った 自分へのご褒美でチョコレートやアイスを買いたいときだってあります。

ですがそれを良しとしない旦那さんだっているようです。買いたいものは買えないという状況はとても、ストレスがかかるそうです。

 

夫から自由になりたい

これはもう末期の症状ですね。旦那さんに何かしらの問題があるかそれとも他に好きな人ができてしまったか、原因は色々あると思いますがこうなれば旦那さん自体がNGとなっているので、なかなか挽回が難しいです。

ゆーじゆーじ

逆に女性は我慢の限界で思ってしまうように見えます。

自由の神自由の神

ギリギリまで我慢して爆発してしまう感じかの。

 

「自由になりたい」原因は大きく分けて3つ

原因
  1. 収入の不足
    趣味に没頭したい、父親としての責任を負いたくない、自由にお金を使いたい
  2. 時間の不足
    趣味に没頭したい、独身に戻りたい、偏った家事の負担、子育ての負担
  3. 法律に触れる問題
    他の女性と一緒になりたい、夫から自由になりたい
ゆーじゆーじ

なるほど、自由になりたいと思う原因は3つなのか。じゃあこの3つの原因を解決すれば、解決できるというわけか!

 

自由の神自由の神

理解が早いのー。どんなものがあるか見ていくぞ。

 

自由になるために行う4つのこと

収入の確保

このまま夫婦として続くのか、それとも離婚するのかいずれにせよお金は必要です。まずは収入を確保しましょう。

稼ぐ手段として専業主婦であれば、パートやアルバイトがまず候補でしょう。それ以外にも最近では副業が流行っています。

メルカリやラクマを使って、自分の手作りの商品を販売するのもありでしょう。中古品を安く知れて販売し利益を貸せる、せどりという副業もあります。

他にはブログをはじめ広告宣伝費を得る、アドセンスやブログで商品を販売するアフィリエイトなどもありかもしれません。

稼ぐ方法を検索してみるところから、はじめてみてはどうでしょうか。もしかしたら以下の記事が参考になるかもしれませんよ。

 

時間の確保

お金を払い時間を買うという考え方もありです。例えば食洗器や掃除ロボットを購入すれば、家事の手間を省くことができます。

最近では家事代行サービスも流行っているので、お手頃価格かもしれませんよ。また一人の時間が欲しいのであれば、ワンルームマンションを借りるということもできるでしょう。

お金をそこまでかけられないということであれば、お祖父さん、お祖母さんに協力をしてもらうというのも1つの手です。

 

関係修復を図る

自由になりたいとあなたが思ってしまっている以上、その家庭には何かしらの問題があるということになります。それを一旦話し合う場を設けるのはどうでしょう。

いきなり場を設けることが難しい場合は、まずは何気ない会話から始めてもOKです。以下の内容で話しかけてみるのはどうでしょうか?

会話の内容
  • 普段なにを感じて生活をしているのか
    例)いつもこのTV見ているけど好きなの?今日なにか大変だったことある?
  • 生活の中で困っていることは無いか
    例)ないか困っていることはない?何か手伝おうか?
  • お互いの気持ちを口に出してみる
    例)この料理美味しいね、いつもありがとう
自由の神自由の神

なにげない日常会話から少しずつ修復を図るという作戦じゃ

 

離婚事由を探す、作る

これはもう最終手段です。どうしようもなければ、離婚という選択をするでしょう。しかしここで問題なのは自由になりたいという理由だけで、離婚が成立するのかどうかという問題です。

実は自由になりたいというだけでは、離婚事由に該当はしません。つまり離婚するためにはその他の理由が必要だということです。

あまりお勧めはしませんが離婚するための理由を探す、あるいは作ることが必要です。お相手からの暴力や不貞疑惑を暴くことを考えてみてはいかがでしょうか。

ゆーじゆーじ

本当の最後の手段ですね。

自由の神自由の神

この決断にならないことを祈るばかりじゃ。

 

まとめ

今回は離婚をしたい、自由になりたいと思うあなたのために記事を書きました。

最後に内容のおさらいです。

まとめ
  • 「自由になりたい」という言葉は男女によって意味合いが違う
    (男性)趣味に没頭したい、独身に戻りたい、
    他の女性と一緒になりたい、父親としての責任を負いたくない
    (女性)家事の偏り、子育ての負担、自由にお金を使いたい、夫からの解放
  • 「自由になりたい」と思う原因は3つ
    収入の不足、時間の不足、法律の触れる問題
  • 自由になるために行う4つのこと
    収入の確保、時間の確保、関係の修復を図る、離婚事由を探す、作る

今回の記事で、あなたの役に立つことができれば幸いです。