【重要】自由には5つの要素があります。

自由になるための5つの要素とは

前々回、そして前回と読み進めていただいているあなたは、「自由」への憧れが強く、人生を変えられる可能性のある方ですね。

さて、さっそく「自由」とは何かについて探っていきましょう。

あなたが「自由」を手に入れるためにも、この5つの要素を知っておくことは重要です。

自由には以下の5つの要素があります。

1.体(からだ)の自由

2.心(こころ)の自由

3.時間(じかん)・場所(ばしょ)の自由

4.お金(おかね)の自由

5.人間関係(にんげんかんけい)の自由

それぞれについて,ストーリー仕立てで詳しく解説していきます。

ここからは、「自分のこと」として考えながら読んでみてください。

あなたはどの自由を達成できれば、「自分は自由だ!」と言えますか?


1.体(からだ)の自由

彼女はその業界に名をとどろかせる,有名人です。

所有する会社は一部上場の有名企業。長者番付に名前が載ったこともあります。

一等地にビルを何棟も所有し,持っているマンションの賃貸収入だけで毎月1億円以上が自動的に口座に入ってきます。

買い物をするのに値段を見た事はありません。

移動はすべてプライベートジェットでひとっ飛びです。

自分が望むように,好きなだけ欲しいものを手に入れることができます。

彼女は多くの男性が憧れるような,地位も名誉も,すべてを手に入れました。

でも,実は彼女には秘密がありました。

それは,高齢による持病により,5年前からずっとベッドで寝たきりの状態なのです。

お金を湯水のように使えたのも昔の話。

─あなたは,この人物を自由だと思いますか?

答えは「ノー」ですよね。

いくら有り余るほどのお金があったとしても,

病院のベッドで動くこともできない状態では,「自由」であるとは言えません。

もちろん私は,体に何かしらの問題を抱えている人すべてが「自由ではない」と言っているのではありません。

ハンディを抱えていても,生き生きと暮らしている方はいらっしゃいます。

要は自分で自分の体に不自由さを感じたら,それは自由な状態ではないのです。

つまり,体の自由とは

自分で不自由さを感じない体を手にしている状態

のことを表します。


2.心(こころ)の自由

彼はだれしもが尊敬のまなざしを向ける,超敏腕トレーダーです。

独自の理論で株を研究し,アベノミクス相場に乗って資産を何十億円まで増やしました。

住まいは都心のど真ん中の高層マンション。

パソコンを駆使して,株の売り買いをし,数秒で5億もの利益をあげます。

マネー雑誌では彼を特集した記事を組むと,売り上げが倍になると言います。

しかし,彼には悩みがありました。

稼げる金額が億単位なら,損失も億単位。

多額の損失を出した日は,なかなか眠りにつくことができません。

もう充分に遊んで暮らせるだけのお金を手に入れたのに,

株で稼ぎ続けることをやめることはできません。

なぜならそこに儲けるチャンスがあるからです。

儲けられる勝算があるのに,それを捨てるのはつらいのです。

しかし,巨額の損失を出すリスクも常に隣り合わせです。

─あなたは,この人物を自由だと思いますか?

こちらも先ほどと同様に「ノー」ですよね。

このエピソードは実際に,B.N.Fさんという有名な方がおっしゃっていたものです。

この方は、株の誤発注を瞬時に見抜き、一瞬にして億万長者になった方です。

しかし、数十億ものお金を手にしたのに、株のトレードがやめられません。

数千万の損をすることもザラだったそうです。でも、儲けるチャンスをみすみす逃すことができない、というのです。

株のトレードから足をすっぱり洗いたいのに,抜け出せない。

お金を失う,あるいは儲けなければならないという精神的な恐怖を感じている状態は,「自由」ではありません。

つまり,心の自由とは,

不安や恐怖を感じない,安らかな心の状態を保っている

ことを表しています。


3.時間(じかん)・場所(ばしょ)の自由

彼女は,今をときめく売れっ子芸能人です。

彼女が主役を演じたドラマの視聴率は,今年放送された中で1位を獲得しました。

主演映画シリーズもすべて大ヒット。

CMに出演すると,売り上げが50%以上増えると言われており,スポンサーも引く手あまたです。

ちなみに,CM一本あたりの出演料は軽く1000万円を超えます。

彼女は言います。

「夢はハリウッド映画で主演を務めることです。」

彼女は,今も某テレビ局で新番組の宣伝を兼ねて撮影に臨んでいます。

ですが,彼女には決定的に足りないものがありました。

それは時間です。

寝る時間も惜しんで,芸能界という荒波の中で働き続けた彼女の睡眠時間はわずか2時間。

食事も移動中にしか取らず,トイレに行くひまもありません。

一日24時間のうち,彼女には自分で自由に過ごせる時間などありません。

─あなたは,この女性のことを自由だと思いますか?

もちろん「ノー」ですよね。

一日の24時間は,一流芸能人からホームレスまでどんな人にも平等に与えられています。

彼女のように睡眠時間を削ったり,食事をおろそかにしていると,必ず体調や精神の不調というツケが回ってきます。

やることに追いたてられ,自分で好きなように時間を使えない状態は「自由」とは言えません。

しかし,もし彼女が,

「芸能活動は,私にとっての生きがいだ」とか,「休みなんか必要ない」と感じているなら話は別です。

でも,誰しもが思っているように「休みたい」と思うのだとしたら,彼女が本当に欲しいのは,

何もせずにのんびりできる時間です。

自分の好きなことを,好きなようにできる時間がほしいのです。

さらに,家は次の出勤までに過ごす休憩所でしかありません。

常にマネージャーに管理されているわけですからね。

つまり,時間・場所の自由とは、

やらなければならないことから解放され,自分のしたいことを時計を気にせずにできる状態や、自分がストレスを感じる人からの干渉を受けない場所にいること。

なのです。


4.お金(おかね)の自由

ここでの主人公は「あなた」です。

あなたは今日もあわただしく仕事に出掛けて行きました。

そういえば今日は給料日。

明細の額面を見ても,出るのはため息ばかり。

給料日のたまの楽しみは,夕飯で飲んでいるいつもの第3のビールが,ちゃんとしたビールに変わることくらい。

あとは,スーパーの値引きで半額になった刺身をつまみに,テレビの野球中継をのんびりと見ることがささやかなぜいたく。

明日は仕事が休みなので,たまの休日はのんびり過ごしたいなと思っています。

でも,あなたは月末に近付くにつれて,支払わなければならない請求書におびえ,財布の中を常に確認して買い物をしなければなりません。

給料日まではまだ遠く,このままでは食べるものも底を尽きそうです。

今月も貯金を崩さないと生活ができそうにありません。

あなたは思います。

「あぁ,もう少し稼ぎが良かったらなぁ…」

「もっと入って来る金額が多ければ,貯金も増えるのになぁ…」

「宝くじでも当たらないかなぁ…当たったら仕事はやめられるのになぁ…」

さて,もう寝ないと。

さっき会社から電話が来て,休みのはずだった明日も出勤になったんだった…。

割合で言うと一番多いのは,この「お金の自由」が達成されていないパターンです。

あなたが働く理由は,生活費である「お金」を得るためです。

もちろん,「これが私のやりがいだ!」と言って働いている人もいるかとは思います。

(しかし,そんな人はこのサイトには来てくれませんよね(笑))

なぜか流行語大賞にはならないこの,

「宝くじが当たったら仕事をやめる」という言葉の裏側には,

自分にずっと暮らせるだけのお金があるなら,仕事はしたくない」

という願いが隠れています。

お金に支配され,お金のために自分の時間の多くを使っている状態は「自由」ではありません。

つまり,お金の自由とは

自分が1日のほとんどの時間を使わなくても,勝手に収入が生まれる状態なのです。

「そんなことあるわけないでしょ。」とか,

「それは一部の限られた人の話でしょ。」と言いたくなる気持ちはよく分かります。

実際私も最初は半信半疑でした。

しかし,

実際に,勝手に収入が生まれる状態を作りだすことは誰にでもできます。

そして,このお金を生むシステムを作り出せた時に,「お金の自由」は達成できるのです。

繰り返しますが,そんなウソのようなホントの話は実在します。

多くの人は知らないだけなのです。

そして,運よく知ったとしても,

「そんなうまい話があるわけない」と,信じることができないのです。

信じるか信じないかはあなた次第です。

ですが,この「信じる」という壁を見事に壊し,行動に移せた人だけが,

お金の自由を達成できます。

信じられなかったり,行動に移せない人は,

残念ながら,一生お金に支配される人生を歩みます。

さあ,あなたはどうしますか?


5.人間関係(にんげんかんけい)の自由

あなたの友人は健康そのもの。

ネットビジネスを手掛けているので,好きな時に少しの記事を書くだけで収入になります。

その額は月に100万以上。

行きたいと思ったところには,いつでも,どこにでも行っているようです。

彼はいつも決まってこんな風に言います。

「自分は雇われることが性(しょう)に合わないんだよね。」

こないだ久しぶりに一緒に飲んだ時も,1本10万円以上するシャンパンを開けながら,

彼は悪びれた様子もなく,そう言っていました。

一方で,彼には人にはとても言えない悩みを抱えていました。

それは,彼の実の両親のことです。

彼の資産をあてにして,両親がギャンブルを通して巨額の借金をしてしまったのです。

彼は勝手に保証人に立てられてしまっていました。

支払ができなくなった借金の取り立ての電話が,今も彼のケータイにかかってきています。

留守電に残されたメッセージには,どすの聞いた声でこう残されていました。

「近いうちにお前の家に入って,金目の物をすべてもっていく」と。

さあ,彼は①~④の自由を達成していました。

しかしながら,最後の⑤の自由を達成することができませんでした。

それは,あなたを自由にさせない「周りの人間」の存在です。

人は,一人では生きてはいけません。

配偶者や子ども,肉親や親戚,職場の同僚や友人など,多くの人間関係の下で生きています。

しかし,悲しいかな,自分の足かせとなってしまうような人間関係があるのもまた事実です。

もしもあなたが人生を変えたいと願っても,必ずそれを止めようとしたり,否定しようとしたりする人が出てきます。

通称「ドリームキラー」です。

あなたの夢を実現させようとしない人たちのことを指します。

つまり,人間関係の自由とは

自分にとってマイナスの影響をもたらさないような人間関係の中にいる状態

を表します。


以上,「自由」を構成する5つの要素を見てきました。

もしあなたが自由だと感じていないなら─。

上記の5つの要素のうち、どこかの(あるいは複数の)自由が達成されていないのではないでしょうか。

そして,「自由になりたい」と願うのなら,その原因をつきとめ,先ほど4の「お金の自由」の最後に述べたように,

自由を求めるための行動を起こすしかありません。

そのためには,

まず,自由になるための思考というものを手に入れるところから始まります。

さあ,自由を手に入れよう

f43fe868270dde698bf0c141194f24c7_s

当ブログでは,上記の①~⑤について様々な立場や視点から情報を発信していきます。

例えば,主婦のつらい気持ちが一番分かるのは主婦の方です。

会社勤めの方に寄り添えるアドバイスができるのは,同じく会社員の方だと思います。

人は,実際にその年齢や立場になってみないと,つらさや大変さを実感することはできません。

当ブログでは,ご縁があってつながることができた様々な方のご意見を載せていきます。

男女はもちろんのこと,学生さんや主婦,会社勤めの方など,様々な方からの生の声が載っているのです。

一人の人が考える思考には,限界があり,発信される情報も限定されてしまいます。

しかし,当ブログでは,「自由になりたい」と願う,あなたにも近い様々な立場の方からのアドバイスを紹介しています。

あなたにも合ったアドバイスがも見つかれば,こんなにうれしいことはありません。

また,特に力を入れてお伝えしていきたいのは,自由になるためのマインド(考え方)と具体的な方法です。

なぜなら,自分の考え方を変えることで,自由になるための「行動」に移せる

からです。

逆を言えば,多くの人にとって

今まですり込まれてきた固定観念が,自由な人生を歩む大きな壁

になっています。

しかし,その大きくて高い壁は見事にインターネットが壊してくれます(笑)

どうやってインターネットが我々に「自由」をもたらしてくれるかについては,自由になるための核心部分です。

ずばり、私が目指していたのは、「お金の自由」です。

「お金の自由」が達成でき、暮らしていけるだけのお金があれば、仕事に行かなくてもよくなりますよね。

そうすると、「時間の自由」も職場での「人間関係の自由」も達成できます。

あなたも「お金の自由」を目指してみませんか?

 

お金が手に入ると、自分の好きなことができ、大切な人と幸せに過ごすこともできます。

お金は、人生を豊かにしてくれる必須アイテムです。

ということで、本ブログでは「誰でもお金を稼いで経済的自由になれる可能性のある、現実的な方法」

についての情報についても力を入れて発信していきます。

さらに、現在「だれもが自由へと近付くための方法」について、ブログ内では言えない貴重な情報満載のメルマガを準備中です。

準備ができ次第、ブログ内でお知らせしたいと思います。

ぜひ、ページをブックマークするなどして、のぞきにきてくださいね。

さあ、自由を手に入れたいと願い,このサイトを訪れていただいたあなたには限りない可能性が広がっています。

どうぞ当ブログのコンテンツを読んでいただきまして,自由へのトビラを開けてください。

なお,ご意見やご感想など,お気軽に「問い合わせ」からメッセージをいただけると、とてもうれしいです。

※管理人ゆーじのプロフィールはコチラ