自由の神自由の神

みなは「奴隷」と聞いて何の奴隷が思い浮かぶかのう?

ゆーじゆーじ

「会社の奴隷」「お金の奴隷」ではないですか?

自由の神自由の神

ふぉっふぉっふぉ。そう思っているうちは本当の自由は手にはらないかもしれんのう。

お金は生きる手段

奴隷とは…


人間としての権利・自由を認められず、他人の私有財産として労働を強制され、
また、売買・譲渡の対象ともされた人。古代ではギリシャ・ローマ、近代ではアメリカにみられた。


ある事に心を奪われ、他をかえりみない人。「恋の奴隷」「金銭の奴隷」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

他をかえりみない…という事ではないと思うので、
みなさんの思う「奴隷」は1の意味を表すと思います。

「生きるためにはお金が必要」
「残業をさせられてもお給料を貰わなきゃいけないから働かなくちゃ…。」

もちろん大切なことですが、「お金」を第一に考えているので
「お金のために働かされている」という気持ちになるのではないかと思います。

お金は飽くまで「生きる手段」に過ぎません。

まずは自分にとっての「幸せ」を考える

あなたにとっての「幸せ」とは何でしょうか。

「仕事が生き甲斐!働くことが幸せ!」
「趣味が何よりの幸せ!お金を貯めて旅行したい!」
「老後は海外で暮らしたい!」

あなたの「〇〇が幸せ」「〇〇がしたい」という気持ちを第一に考えると、
自ずと「会社やお金の奴隷」といった考え方にはならなくなります。

そう、あなたの幸せを第一に考える「幸せの奴隷」になりましょう。

幸せの奴隷になるために

「幸せの奴隷」とは、あなたの幸せややりたいことを踏まえ、
そのために行動する人の姿を指します。

仕事や貯金が生き甲斐の方は、既に「幸せの奴隷」と言えるでしょう。
それでは、それ以外の人はどうすれば良いのか、下記にご紹介していきます。

時間を作る

  • 早起きをしてみる
  • 時には家事の手を抜いてみる
  • 残業をしない・休暇を取りやすい環境を作る
  • 隙間時間を活用する

というような工夫を自分でしてみましょう。

残業をしない・休暇を取りやすい環境の作り方は下記の記事をご参照ください。

主婦やお母さんはこちらをご参照ください。

時間の使い方

私の場合ですが、私は極力残業を避け、空いている時間を本を読んだり、他の人の記事を読んだりして、ブログに関する勉強に充てています。

一見、「お金の奴隷」に見えるかもしれませんが、この勉強は私が将来何がしたいか、どうする事が幸せなのかを踏まえて行っている事です。

つまり、この時間が私にとっての、趣味なようなものであり、幸せの過程なのです。

こうして出来た時間を自分の幸せに充てることができれば、
「働かされている」という気持ちも起きないと思いませんか?

まとめ

  • お金は生きる手段
  • まずは自分にとっての「幸せ」を考える
  • 幸せの奴隷になるために

お金は生きていくためには必要なものですが、
会社やお金の奴隷という考えの場合、それが目的になりがちです。

お金や時間をあなたの幸せという目的のために使うことで、
「幸せの奴隷」になることができるのです。

幸せの奴隷、それは「真の自由」と言えるのではないでしょうか。