毎日仕事で忙しくて、たまの休みもダラダラとついつい過ごしてしまう…。

働いていたら自由な時間って中々確保できないですよね。

結婚して家族もいれば、奥さんや子供のために家族サービスをしないといけない…。

たまには自由に好きなことをする時間が欲しい、そんなあなた。

一度自分の時間の使い方を見直してみませんか。

少し意識するだけ自由な時間を生み出せる、ちょっとした工夫教えます。

ゆーじゆーじ

働いていると自由な時間を作るのって難しいなあ

自由の神自由の神

そうじゃのう。キーワードは効率化じゃな

 

効率化して自由な時間を増やす

例えば仕事をやっていてエクセルを使う人は多いと思うのですが、エクセルの使い方をよく理解していれば、より作業を効率化して仕事を早く終わらせることができますよね。

それと同じように、何をしていても効率的に考えて物事に取り組んでいけばいいのです。

ここでは自由な時間がテーマです。どうすれば自由な時間を生み出すことができるか。まずは自分の生活を見直して、どういうことに時間を使っているか分析してみましょう。

①睡眠時間を減らす

寝る時間を取りすぎていませんか。私なんかもついつい、寝るのは気持ちがいいので二度寝をしてだらだらとベッドの上で寝てるなんてしばしば。

これ、ちょっと時間の使い方としてはもったいなくないですか。

時間だけで言えば、だいたい7時間~9時間も寝る時間を取れていれば充分な睡眠時間だと言えるでしょう。

睡眠も、最適な睡眠時間というのがあって、ベッドにいる時間が6時間を切ると睡眠不足に感じる人が多いとされているようです。

他にも、アンチエイジングには7時間の睡眠時間の確保が最適とされていて、いろいろと科学的なデータによって検証されているようです。

詳しくはこちらのサイトでご覧下さい。

なので、最低7時間は睡眠時間を確保するにしても、8時間とか9時間とか寝てるとしたら、それは睡眠時間を減らして他のことをする時間が生み出せるということなんです。

これは、自由な時間を生み出す最も手っ取り早い方法だと思うので、是非日常生活の中で実践してみましょう。

②隙間の時間を有効利用する

電車の移動時間とかトイレの時間、病院の待合室での時間などはぼーっと過ごしていることはないですか。

それも息抜きとしては良いのですが、自由な時間を生み出すためにはこういった隙間の時間も有効活用していきましょう

私はこういった時間には基本的には読書をしているか、スマホのメモ帳に記事作成に生かせそうなキーワードや文章を打ち込んでいます。

仕事を家でもして作業の効率化を図りたい人は、隙間の時間にでもやれる簡単な作業はさっさと終わらせる方が会社に行った時には余裕をもって仕事に取り組めるでしょう。
エバーノートやポメラ、iPadなんかを効率的に使いこなせれば、インプットとアウトプットの質も上がって情報収集などの作業もはかどるでしょう。

他にも、ネットの動画や録画したテレビの再生速度を上げるといったことも自由な時間を生み出すちょっとした工夫でしょう。

③ネットの時間を減らす

これは自由な時間を生み出すというニュアンスよりは、知的生産術を上げることに繋がるのですが、つまり知識などを効率よく覚えるための時間を生み出す、ということです。

ネットサーフィンはついついしてしまうことですが、そこで見たことは中々記憶しないものです。つまり情報のインプットの効率が良くないのです

知識や情報を増やして自分の血や肉にするには、ネットを主に使うのではなく、書籍や信頼できる紙媒体を利用することの方がじっくりと考える時間を生み出せて、知的生産もかえって効率よくできるのです。
ネットのいいところは旬な最新情報が簡単に得られるところだと思います。しかし基礎的な知的体力とでも呼べるものをつけるのは、やはりじっくりと考えられる時間を生み出すことが大事になります。
1日のネットに接続している時間はどれくらいか、一度そこを見直してみましょう。
知的生産率を上げたいなら夜とか朝の時間だけネットを見てみる、というようにすればネットを見る時間も減って自由な時間も増えるということになります。

やるべきこととそうでないことの優先順位をつける

やるべきことを考えるのは大事ですが、まずはやらなくていいことをかんがえてみましょう。

だらだらとテレビを見てませんか。テレビゲームやスマホの時間が長くなりすぎてませんか。

趣味や息抜きの時間を何より大事にするならそれでもいいと思います。

しかし自由な時間を生み出すためには日常生活の中で工夫して、頑張って睡眠の時間を削ったりしないといけないのです。

生み出された自由な時間を何に当てるかは個人の自由です。やりたいことの優先順位が高いものに自由な時間を当てたいですよね。

やりたいことはたくさんあると思います。でも欲張ってあれもこれもしたい、手に入れたい、というのは不可能です。
何かをしていれば他の何かに当てる時間はなくなる。あちらを立てればこちらが立たず…。というように、何かをする時間を犠牲にしないと、新しく何かをする時間は生み出せないのです。

まとめ

なんでも作業の効率化をしてやるべきことの時間を短縮する。そうすることで自由な時間を生み出せる。

・隙間の時間でやるべきことに少しでも手をつけて、なるべく早くやるべきことを終わらせる。

・欲張らないでやりたいことを減らす。そうすることで自由な時間もおのずと増える。

いかがでした。

現代社会はとかく効率化を求められますが、効率化をするとその分自分の自由な時間生み出せます。

効率化は論理的な考え方でもありますが、論理や理屈ではわりきれないもの、それは人間の欲や本能といったものです。

人間はこの欲や本能に従って流されていきがちな生き物でもあります。

そのあたりを上手くコントロールして、どんどん自由な時間を生み出していきましょう。