ゆーじゆーじ

FXって知ってる?家にいながらPC使って簡単に月10万とか稼げるんだって。

自由の神自由の神

FX?何やらネーミングからして怪しそうじゃの〜。

ゆーじゆーじ

そんな事ないよ。普通の主婦とかも隙間時間にやって稼いだりしてるみたいで、自由を目指している僕としては是非収入源の一つとして検討したいんだよね。

FXは一昔前に比べるとだいぶ認知度が上がってきた印象があります。
FXとは簡単にいうと通貨の価格変動の波を利用して利益を得る為替トレードのことですね。

通貨の価値はいつも一定ではありません。
今日1ドルが100円で買えても明日には1ドルが101円になっているかもしれません。
このような場合今日のうちに100円で1ドルを買い、翌日に1ドル売れば101円を手にすることができ差し引き1円の利益を得ることができます。
これが最初の段階で1000ドルを買っていれば1000円の利益になりますし、レバレッジと呼ばれる方法で1000ドルの掛け金をさらに2倍とか3倍にしておけばそれぞれ2000円、3000円の利益になります。

つまりPCやスマホさえあればタイミングを判断して通貨を交換するだけで利益を得ることができます。
取引回数を増やし掛け金を多くしていけば利益も大きく伸ばして大金を稼ぐことも可能となるのです。
家にいながらでも海外にいてもネットさえ繋がっていれば取引は可能なので自由を望む方々に好まれる稼ぎ方の一つだと思います。

ゆーじゆーじ

そう!これぞFXの魅力。

自由の神自由の神

確かに方法はシンプルで自由も得られそうじゃが本当にそんな簡単にいくものかの〜。

理屈は簡単でネットが繋がる環境があれば初期投資もほぼ不要で時間や場所に縛られずに稼げるFX。
しかしおいしい話には必ず裏があります。


今回の記事は結論を先に申し上げますと「FXはやめたほうがいい!」という内容です。


なのでFXが好きでたまらないという方や、プライドを持ってFXトレードを行っているような方は読まないようにしてください。

この記事を読んで欲しい人

今現在FXで負けている、或いはトントンで続けようか迷っている人。
・自由になりたくてFXをやりたいけど始めようかどうか悩んでる人。
・自分のパートナーや友人などが始めようとしているのを止めたい人。

このような方々へ個人がFXで稼いでいくために立ちはだかる大きな4つの壁について解説していきます。

勝つことができないがこのまま続けていったほうがいいのだろうか?

なんか儲かるらしいけど自分もやった方がいいのかな?

妻が家計の為にと言って始めようとしているのをやめさせたいが、どう説得していいか分からない。

と言った方々は是非読んでください。

税金の壁

お金, ユーロ, 金融, 通貨, 富, ドル紙幣, 現金及び現金同等物, 札, 税金, 課税, 金融の世界
まず稼ぐ際に大きく立ちはだかる壁がこの税金の壁です。
そもそも利益を出すこと自体がとても難しいことなのですが、
仮に運よく稼ぐことができたとしてもそこからは税金が引かれてしまいます。
FXで得られた利益に対してかかる税率は2019年現在で20.315%です。

FXをやっていれば相場環境によって勝つ年もあれば負ける年もあるでしょう。
1年目に運よく10万円勝ったとしても次の年に10万円負けるかもしれません。
この場合プラスマイナスゼロかというとそうではなく一年目の10万円からは
税金がおおよそ2万円引かれているのでトータルで2万円損をすることになります。

この逆のパターンで「1年目負け→2年目勝ち」の場合は1年目の時点で確定申告を行うことで
税金は引かれずトントンにすることができますが、あくまでトントンです。

つまり勝った場合の利益は小さくなりますが、負けた場合の損失が小さくなることはありません。
つまり長期的に見れば勝率が50%だったとしてもトレーダーは負けるようになっています。

税金の存在により最初から不利な勝負となっているのです。

また、見方を変えれば国はノーリスクで確実なリターンを得るビジネスをしているとも言えます。
FX市場における絶対的な勝者は国なのかもしれません。

プロの壁

turned on flat screen monitor
FXの世界には多くのプロがいます。為替ディーラーと呼ばれる銀行や証券会社に所属するプロのトレーダー。個人でも億単位の資金を動かす凄腕トレーダーたちなど。
また、プロといえるかどうかは分かりませんが最近ではAIが自動で取引を行うことも多くなってきました。

まず、彼らと我々一般人では使用できる情報の量と質が違います。
FXでは世界中の様々な要因が複雑に絡み合って相場を形成していきます。経済政策だけでなく社会情勢や最近では一国のトップのツイッター発言でも相場が大きく動いたりします。これらの膨大な情報を組織単位で収集分析して動いている為替ディーラーや、得られた情報を高速で処理し最適かつ合理的な投資判断を下すAIに個人が太刀打ちすることは不可能でしょう。

トレードにかけられる時間の量も重要になってきますが、その点についても片手間の個人はプロに敵いません。
為替相場は24時間休むことなく動いています。
私たちが寝ている間に為替が大きく動いてしまう事など日常茶飯事です。
そんな時でもプロ逹はシフト交代制で常に相場を監視し、掴めるチャンスをしっかり掴み、損失が出る場合にはそれを最小限に抑える対応をしている事でしょう。
AIは眠る必要がありませんから同様に24時間体制で相場に向き合っています。

時には運よく稼ぐことができるかもしれません。
しかし、長期的に見ればやはり情報量や使える時間の面で個人は圧倒的に分が悪いと言えるでしょう。

心理の壁

person hand reaching for the sky
FXや株式投資などで勝つことができない理由は心理学でいくつも説明されています。
その中で最も大きな壁となると言われている理論の一つに「プロスペクト理論」というものがあります。

以下のような状況を考えてみます。
①コインの裏表を当てるゲームをしないかと誘われました。あなたは以下の2つの選択肢を選べます。
 A.ゲームに参加しなければ確実に100万円を持ち帰れる。
 B.コインの表裏を当てるゲームに参加し当たれば200万円貰えるが、
 外れの場合1円も貰えない。
一方でこちらはどうでしょうか?
②借金が200万円あります。そこでコインの裏表を当てるゲームをしないかと誘われる。
C.ゲームに参加しなければ無条件で借金が100万円になる。
D.コインの表裏を当てるゲームに参加し当たれば借金はチャラに。しかし外れた場合は借金は200万円になる。
A-Dどの質問もに入る金額の期待値は100万円なのですが、
①の状況において人は確実に100万を取れるAを選びやすく、
②の状況ではリスクをとってDを選択する人が圧倒的に多いそうです。

①と②の違いは利益が出ている状況か損失を被っている状況かの違いです。

つまり人は利益を目の前にすると確実にとれる利益をとる行動をしやすく
リスクを目の前にするとすべてのリスクを回避しようとする行動をとりやすいのです。

つまりこの理論をFXに当てはめると人は利益が出ている時は堅実にその利益が欲しくなり早く手仕舞いしがちということです。逆に損失を出している場合は損を取り返したいという心理が働き、結果的に損失を多く被るような投資行動をしてしまいがちであるということです。

この心理的要因については経験やトレーニングによって乗り越えられる可能性はありますが、
初心者の方や経験を積んでいっても克服できない方はいつまでたっても勝つことができないということになります。

プロスペクト理論はほんの一例ですが、投資における心理の罠は他にもいくつも解明されているものがあります。
それらいくつもの壁を乗り越えていくことは相当な努力と経験が必要となります。
例えそれらを乗り越えていったとしても、その先に待っているのは上述の通り情報戦で不利なプロとの戦いなのです。

こんな壁も!各所で囁かれる都市伝説。

悪に道に誘う | もうけ話 | 悪人 / フリー素材 / イラスト / ピープル

噂レベルで囁かれているFXが儲からない理由についての話です。

・稼ぎすぎると思った通りに注文が入らなくなる?

日本の多くの証券会社はユーザーが損をするほど利益が出る仕組みになっています。
このためトレーダーが勝ちまくっていると証券会社の利益にならないので注文のタイミングがずらされてしまったり取引したいのに注文が入らなかったりすることがあるという噂があります。
あくまで噂です。

・ストップ狩り

FX市場は24時間動いていますがトレーダーは24時間市場を監視しているわけにはいきません。
そこで利用するのが逆指値注文という損失を最小限にする防衛策です。

しかし当然ですがこの注文は証券会社を通しています。証券会社はこのトレーダーがいくらで損失を確定する自動注文を入れているのか把握していますよね。
証券会社にはそこを狩る仕事があり、強制的にトレーダーに損をさせることによって会社の利益を出しているとのことです。
あくまで噂です。

・トレードで儲かっている人は実在しない?

FXで儲かったというカリスマ主婦やブロガーはネット上で探したり書店を歩いていたりするとたくさん見つかります。
しかしあなたの周りに実際に大きく儲かったという人が一人でもいますでしょうか?
FXのカリスマはみんな本やSNS、ネット上の人たち。

カリスマ逹に煽られ個人がFXに興味を持つことで儲かるのは?
ゴールドラッシュの際に一番儲かった人は金を掘りに行った人ではなくツルハシを売っていた人であるというのは有名な話ですよね。もしかしたらFXで本当に儲かってるのはトレーダーではなく証券会社だったりFXビジネスをしているカリスマ逹なのかもしれません。


これらは真意のほどは定かではありませんが、火のないところに煙は立たちませんよね。
信じるか信じないかはあなた次第です。

まとめ

一般的にはFXで稼ぐことはできないです。せっかく稼いだお金なのにFXで溶かしてしまっては自由は生活は遠ざかっていく一方でしょう。
「簡単に稼げる」とか「普通の主婦でも」なんて謳い文句を間に受けてはいけません。

ここまで読んできてFX参加者のほとんどが負けるということはご理解いただけたと思います。
しかしほぼ負けることを承知の上で宝くじなどと同様に「夢を買っているんだ!」と自覚してやってみるならそれはそれでいいかもしれません。あくまで夢ではありますが、「買った人にしかチャンスは訪れない」というのも確かな真実ではあります。

今回の記事でFXを始めようか、または続けようか迷っている方が今後の方針を決める上での参考になれば幸いです。