アナタは「ふるさと納税」を利用していますか?

ゆーじゆーじ

聞いたことあるし、興味はあるけど、やってない。

そんな人も多いと思います。

もちろん、利用せずに地元の自治体に税金を満額納めるのも一つの選択肢です。
ですが、個人的にはとてももったいないことだと思います。

2008年にスタートしたふるさと納税は、納税のやり方もどんどんカンタンになり、利用者も右肩上がりに増え続けており、とても人気のある制度となっています。

これだけ人気があり、お得に納税できる制度だとしたら、利用しない手はないと思います。

この記事では、やればお得な「ふるさと納税」について紹介します。

この記事を読むメリット

・ふるさと納税とは何なのかがわかる
・ふるさと納税の仕組みがわかる
・ふるさと納税ができるようになる

数分で読めますし、賢く制度を利用する情報が満載なので、ぜひご一読ください!

ふるさと納税とは?

ふるさと納税制度は、自分が「好き」だったり、「応援したい」と思う自治体(都道府県・市区町村)に寄附を行う制度です。
所定の手続きを行うと、実質負担2,000円で差額の寄附金が翌年の所得税・住民税から控除されます。
さらに、多くの自治体が用意した地域の特産品や名産品などの返礼品を受け取ることができます。

ゆーじゆーじ

返礼品が2,000円より価値があれば、その分お得ってことだね!

ただし、実質負担2,000円で控除が受けられる金額には上限があります。
自分の上限額がいくらなのかは、ふるさと納税の取り扱いサイトで「税金控除額シミュレーター」が提供されているので、寄附をするときにすぐ計算できて便利です。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みはとてもカンタンです。
大まかには、コチラの3ステップになります。

ふるさと納税の仕組み3ステップ

ステップ1. 自分の好き・応援している自治体に寄附する
ステップ2. 寄附した自治体から返礼品と「寄付金受領証明書」などの手続き用の書類が送られてくる
ステップ3. 手続き用の書類をもとに、「確定申告」か「ワンストップ特例の申請」を行う

ゆーじゆーじ

なんか3つ目にムズカシそうなやつが出てきた!

確定申告制度

確定申告は、個人事業主や収入の多いサラリーマンが、1月1日から12月31日までの試算期間中の所得税額を計算して、年に1回税金を支払う制度です。

必要書類をそろえて、毎年2月16日から3月15日の期間中に税務署に申告・納税します。
ふるさと納税を行った場合は、寄附金控除を申告すれば、指定の口座に還付金が入金されます。

毎年、確定申告をしない人は、ハードルが高そうに感じるかもしれませんが、簿記の知識がなくても確定申告が行えるような便利なサービスも用意されていますので、興味のある方は参考にしてください。
国税庁 確定申告等作成コーナー

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度は、一般的なサラリーマンなど、確定申告する必要がない人には便利な制度です。

自治体から送られてくる手続き書類の中にある「ワンストップ特例申請書」と「マイナンバー提供に必要な本人確認書類」に必要事項を書き、マイナンバーカードなどのコピーを添えて自治体に返送するだけで申請は完了です。

ただし、ワンストップ特例制度を利用するには条件があり、寄附のたびに申請する必要があります。
また、ワンストップ特例申請には申請期限があり、申請期限を過ぎた場合は、確定申告が必要です。


ふるさと納税に関する確定申告とワンストップ特例の違いはコチラをご覧ください。

確定申告ワンストップ特例
申告回数年1回
毎年2月15日~3月15日
寄附の都度
申請期限は寄附した翌年の1月10日
条件特になし1. 寄附をした自治体が5つまで
(同じ自治体には何度寄附しても良い)
2. ふるさと納税以外で確定申告が不要な人
どんな人向け?手続きを年1回で済ませたい人
5自治体を超える自治体に寄附したい人
寄附回数が多い人
確定申告を行うのが難しい人
寄附先が5自治体以内の人
寄附回数が少ない人
自由の神自由の神

ちゃんと手続きしやすくなっとるから、ちょっと安心じゃろ?

ゆーじゆーじ

もう細かい説明はいいから、どうやったら寄附できるのか教えてよ!

ふるさと納税ができる鉄板サイト3選

ふるさと納税の寄附はとてもカンタンです。
ふるさと納税の取り扱いサイトで、いろいろな条件から自治体と返礼品を検索し、気に入ったところに寄附をします。
もちろん、いずれのサイトもクレジットカードで寄附できます。

ゆーじゆーじ

ネットショッピングと同じようなやり方だね!

では、ふるさと納税を取り扱っているサイトを見ていきましょう。
今回は初心者でも安心して利用できるように、実績バツグンで利用者も多い、鉄板サイトを紹介します。

ふるさと納税ができる鉄板サイト

1. ふるさとチョイス
2. ふるなび
3. さとふる

ふるさとチョイス

「ふるさとチョイス」の強みは、何と言っても圧倒的掲載数です。
公式サイトによると、寄附できる自治体はおよそ1,400、返礼品の掲載数はオドロキの20万点以上です。
ここなら間違いなくお気に入りの返礼品を見つけることができるでしょう。

公式サイトはコチラ

ふるなび

「ふるなび」の強みは、返礼品に加え、いくつかの条件を満たせば、寄付金額に応じて1%~3%のAmazonギフト券コードがプレゼントされることです。
また、他のサイトでは取り扱っていない電化製品の返礼品が選択できる独自性があります。
Amazonをよく利用する人や高額の寄附が可能な人には、お得に利用できるサイトだと思います。

公式サイトはコチラ

さとふる

「さとふる」の強みは、返礼品の到着スピードです。
公式サイトでは、申し込みから最短1週間程度で返礼品が届く場合もあるとのことです。
他のサイトで申し込んだ場合は、1カ月~2カ月程度はかかるので、すぐに返礼品が欲しい人にはうれしいサービスですね。

公式サイトはコチラ

ゆーじゆーじ

専用サイトもたくさんあるから、自分の好みのところを使おう!

まとめ

・ふるさと納税は、実質2,000円で納税と返礼品がもらえるお得な制度です!
・ふるさと納税は、寄附をして、あとで「確定申告」または「ワンストップ特例申請」をするだけです!
・ふるさと納税は、お好みの専用サイトからやってみよう!

いかがだったでしょうか。

もし、ふるさと納税をしていなかったとしたら、ただ税金を納めるだけです。
ここで、ふるさと納税を始めたとしたら、お得な返礼品をもらって、税金を納めることができます。
どうせ納める税金なら、楽しみながら納めたいと思いませんか?

この記事を参考に、ぜひ一度、ふるさと納税をチェックしてみてください!

ふるさとチョイス(公式サイト)
ふるなび(公式サイト)
さとふる(公式サイト)

どんな人がこのブログをやってるんだろう?

管理人「のび」のプロフィールが少しでも気になったら

初めて来たけど,どんなサイトなの?

当サイトにちょっとでも「興味があるかも…」と思ったら