こんにちは。

みなさんは資産運用についてなにか考えていますか?

今日は資産運用のひとつ、不動産投資について見ていきたいと思います。

不動産投資のメリット、リスクなど、初心者にもわかりやすく解説していきたいと思いますので、興味のある人はぜひ読んでみてください。

ゆーじゆーじ

不動産投資か~聞いたことはあるけどよくわからないな。

自由の神自由の神

そうじゃのう、難しそうじゃな。

不動産投資とは

不動産投資とは、不動産(土地や建物)を購入し、それを他人に貸すことで家賃収入を得るという投資方法です

家賃収入の場合はアパートやマンションや一軒家を取得し、それを他人に貸すことによって、毎月の家賃収入を得ることができます。

不動産を運用していくことにより、年利4%~5%ほどの利回りが期待できるため、不動産投資は一般的にはミドルリスク、ミドルリターンな投資方法といわれています。

さらには不動産は実物資産なので、貸さずに自分自身で利用することができるのも、他の投資とは違った特徴です。

不動産投資を始めるには

不動産投資と聞いて、みなさんがまず考えるのは資金の問題だと思います。

まとまったお金がすでにある人なら問題ありませんが、大体の人が初めから資金を用意できるわけではありません。

実際、不動産投資を行う人は銀行などから融資を受け、ローンを組んで不動産投資を行う人が多いようです。そのため、金融機関も不動産投資ローンという形で、これから不動産投資を始めるひと向けの金融商品を用意しています。

ローンと聞くとあまりよくないイメージを持つひともいるかもしれませんが、不動産投資ローンは、一般的にその不動産からの家賃収入から返済することがほとんどなので、多くの自己資金を用意する必要はなく、さらにローンを組むことにより、自己資金より多くのお金を投資することができ、多くの利回りを得ること(レバレッジをかける)ができるというメリットもあります。

もちろん、不動産からの収入を担保にして行う投資なので、その不動産の収益性、資産価値が重要という事は言うまでもありません、不動産投資を始める場合は、この点に注意して、計画的に行う必要があることに注意しましょう

ゆーじゆーじ

不動産投資を行う際は不動産投資ローンを利用するんだね。

自由の神自由の神

最初の計画が大切じゃな。

不動産投資のメリット

ここからは不動産投資のメリットについて説明してききます。

不動産投資のメリット
・不労収入が得られる
・定年後の収入源にもなる
・運用益だけでなく売却益も得られる
・生命保険の代わりになる
・相続税が節税できる

不労収入が得られる

不動産投資と聞いてまず思い浮かべるのは不労収入ではないでしょうか。

不動産投資の一番のメリットは自分は働きながら、給料とは別に不動産による収入が入ってくることです。

最初に不動産を購入してしまえば、あとは何もしなくても入居者の数により毎月家賃収入が毎月あなたの口座に振り込まれます。

さらに、賃貸管理会社に依頼することにより、入居者の募集や入居者からのクレーム、トラブル対応等を行ってもらうことができます。

これはまさに不労収入といえるでしょう、あなたに代わって購入した不動産がお金を稼いでくれるのです。

定年後の収入源にもなる

さらに不動産投資は、定年後の収入源としても期待できます。

定年後は給料収入がなくなり、年金で生活していかなければなりません、不動産投資をおこなうことにより、年金+不動産からの収入により豊かな老後生活を送ることができます。

運用利益だけでなく売却利益もある

不動産投資の利益は家賃収入による運用利益だけではありません、投資していた不動産を売却することにより売却益を得ることもできます。

不動産価格が上昇した場合、その不動産を売却して利益を得ることもできるのです。

不動産の価格は日々変わっているので、必ず購入時よりも必ず高く売れるということはありませんが、ローン完済後であれば売却額がそのまま利益として返ってくるのです。

生命保険の代わりになる

不動産投資ローンを組む場合、団体信用生命保険に加入することができます。(強制の場合もあれば任意の場合もあります)

この団体信用生命保険に加入した場合、不動産投資ローン返済者にもしものことがあった時にはローン残高が全額返済されます。

さらに残された家族はローンを完済した不動産から今まで通り収入を得ることができます。

相続税が節税できる

相続をする場合、例えば現金で3000万円の相続をするよりも、3000万円の不動産を相続するほうが税金が安く済むのです。

このことから不動産投資は相続税を節約する効果があります。

 

ゆーじゆーじ

不動産投資っていろいろメリットがあるんだね。

自由の神自由の神

わしも老後のために始めるかのう。

不動産投資のリスク

不動産投資はメリットだけではありません、ここからはリスクについても見ていくことにしましょう。

不動産投資のリスク
稼働率低下リスク
老朽化のリスク
災害のリスク
地価下落のリスク

 稼働率低下のリスク

稼働率低下とは賃貸に空室が出るということです。

空室が出た場合、当然家賃収入は入ってきません。

地域にもよりますが、賃貸の稼働率は70%~80%だそうです。

稼働率低下リスクを回避するためには立地条件が重要です。物件購入時には立地条件をしっかり考えて決める必要があります。

老朽化のリスク

不動産投資には老朽化のリスクがつき物です。

建物は日々老朽化していきます、ある程度の時間がたてば修理を行う必要でてきます。特に海沿いや雪が多い地域では老朽化が早い傾向があります。

対策として、家賃収入から毎月、修繕費を積み立てておくことにより、計画的に修繕をおこなうことができます。

前もって老朽化のリスクを考慮しておくことが重要です。

災害のリスク

不動産物件が建物の場合、地震や火災などの災害リスクがあります。

これらのリスクは物理的に回避するということが難しいです、やはり対策としては保険に入るということが重要です。

地震に関しては地盤の悪い所は避ける、火災に関しては住宅密集地を避けるなどの手段も有効です。

地価下落のリスク

土地の値段日々変動しています、購入時よりも必ずしも高くなるとは限りません、土地の値段が下落してしまうというリスクもあります。

土地の値段は景気などの要因もありますが、その土地の需要で決まる部分が大きいです。

都市部から離れた地域、人口が減少傾向にある地域などは地価が下落してしまう傾向があります。

やはりこちらも物件購入時に立地条件をしっかり考えてから物件を購入することが重要です。

 

ゆーじゆーじ

リスクに対しての備えは重要だね。

自由の神自由の神

そうじゃのう。

最後に

みなさんいかがだったでしょうか、今回は不動産投資のメリットとリスクについて解説してきました。

不動産投資は資産運用という点ではとてもメジャーな方法のひとつです。

そして、将来の資産形成に有効な手段といえるでしょう。

この記事を読んで不動産投資に興味を持たれた方は、これを機会に不動産投資の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?
カンタン入力!登録は無料です。まずは,お気軽にお話をしてみませんか?